スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田さん・・・

MSN産経ニュースWEST H24.9.29
阪神時代とはあまりに異なる球団の対応 最後に見せた穏やかな表情とは…

 オリックス・岡田彰布監督(54)の退任劇は、2008年に周囲から惜しまれ、涙を流しながら阪神監督を辞任したときとは、あまりに対照的だった。

 球場入りしてから、試合前にプレスリリース用の紙1枚を球団側から見せられ、2、3分で終わったという強制休養の通告。その後行われた最後の会見は駐車場の自らの車の前で立ったまま行われた。

 22日の退任発表から、1試合を経ただけで、25日には急な方針転換。関係者は「11連敗目を喫した試合のあまりの体たらくに、本社トップ筋の逆鱗に触れたのでは」と説明。かつてのスター選手という配慮もなし。外からは非情にしか見えない措置だが、それをしてまでも、事実上の解任という形を取ったのは、チームが完全に崩壊していた証しでもあったのだろう。

 3年前、岡田監督はオリックスを強い球団にするため、自身の信じる改革を持ち込んだ。強くしたいという一心から出た選手への叱咤(しった)は、少しずつ歯車が狂っていく原因になった。それを変えようと叱咤を重ねることで傷はさらに深まり、気が付いたときには小さな綻(ほころ)びが修繕不可能まで大きくなっていた。

 阪神時代の岡田監督の言葉には大きな影響力があり、その求心力は絶大だった。今回も、指揮官は残された時間で選手たちに何を残せるかを考え「残り試合、選手は自分のために野球をやれ」と繰り返した。しかし、球団、選手、高代ヘッドコーチをのぞくコーチ陣全員とも気持ちが乖離(かいり)した状態での戦いからはもどかしさ、悔しさばかりがあふれ、表情は険しさを増すばかりだった。殺伐とした状態で勝てるわけはない。そして球場に来てからの突然の解雇通告だった。

 その通告がなされた夜。気心知れた大勢のメンバーが、大阪のとある場所で岡田監督を囲んでいた。宴の最後には、気分の良いときにしか登場しない手品も披露。臨時オリックス担当になって監督を見続けた最後の約1カ月で初めて見た、楽しげでいて穏やかな表情だった。



阪神とオリックスでは、当然、球団フロント側も選手陣もファン層も、マスコミの対応も異なる。

それを比較しても詮無きこととは思いますが。。。

それにしても、あまりも急な「休養」でしたね。

さすがに12連敗には私もあきれ果てましたが。

とりあえずそれ以上の更新は止まったのが幸いです。

来年の体制云々以前に、
オリックスが球団をいつまで保有するのか?
そちらの方が心配になる今日この頃です。
スポンサーサイト

テーマ : オリックス・バファローズ
ジャンル : スポーツ

連敗脱出。

Sponichi Annex H24.9.26
オリックス連敗ストップ!2勝目の前田「勝った方が楽しい」

パ・リーグ オリックス3―0ソフトバンク (9月26日 京セラD)

 オリックスが快勝し、連敗が12で止まった。前日25日に岡田監督が解任される中、森脇監督代行の下、選手が奮闘。森脇監督代行は「それぞれが、その場その場でベストを尽くしてくれた必然の勝利」と胸をなで下ろした。

 先発の前田が5回を4安打無失点で切り抜け、5日のロッテ戦でプロ初先発初勝利を挙げて以来の2勝目。継投策も決まり、最後は守護神・平野が2回を2安打5奪三振で締め、見事な完封リレー。前田は「何としても勝ちたかったので、とてもうれしいです。何とか0点で、試合を作ってチームが勝てれば、と思った。勝った方が楽しいんでよかったです」と語り、チームとしても11日以来の白星を喜んだ。

 打っても初回2死一塁から4番・李大浩が18日以来の先制2ランで勢いづかせれば、4回には1死一、三塁で、この日1軍に昇格したばかりの深江がセイフティー・スクイズ(記録は内野安打)を決めた。森脇監督代行も深江に対し「表情が違う。目を輝かせてプレーをしているのが、成績にも現れている」とほめ称えていた。



とりあえず、13連敗とならず、一安心。

しかし、球団の立て直しは、まだこれから。

監督だけでなく、フロント陣も交代して欲しい。。。

テーマ : オリックス・バファローズ
ジャンル : スポーツ

12連敗。

YOMIURI ONLINE H24.9.25
退任のオリックス岡田監督が休養…高代ヘッドも

 オリックスは25日、今季限りで退任する岡田彰布監督(54)と、高代延博ヘッドコーチ(58)の休養を発表した。

 同日のソフトバンク戦から、森脇浩司チーフコーチ(52)が監督代行として指揮を執る。

 9試合を残したこの日の試合前、球団が通告した。監督の退任を発表した22日には、残り試合の指揮を任せる方針を示していたが、24日のロッテ戦で敗れ、最下位が確定したことなどを受け、決定した。岡田監督は「普通にゲームをやる気で(球場に)来た。選手には『この3年間で感じたことを来年以降、思い出し、生かしてくれたらうれしい』と伝えた」と話した。


事実上の解任ですね。
産経では「解任」と報道していました。
岡田監督、今日も球場まで来ていたやん、という話ですし。


Sponichi Annex H24.9.25
オリックス ドロ沼12連敗…森脇監督代行も流れ止められず

パ・リーグ オリックス0-7ソフトバンク (9月25日 京セラD)

 オリックスは岡田監督の休養が発表され、後を託された森脇監督代行も流れを止めることができず、球団ワーストの12連敗を喫した。

 先発の木佐貫は4回に無死満塁から今宮の犠飛で1点を失い、5回には長谷川のタイムリー三塁打でさらに1点。6回1死三塁でマウンドを降りたが、2番手・吉野が本多に犠飛を許し、6回途中3失点。その後も失点を重ねた。打線も武田の前にわずか4安打の零封では仕方がない。

 岡田監督が試合前に選手たちにかけた「来年以降もプロ野球人として仕事があるんだから」との言葉は届かず。森脇監督代行は「ファンあってのプロ野球。ファンの方に納得してもらえるプレーや姿が今のうちのチームには大切」と語ったが、ドロ沼の連敗から抜け出すことはできなかった。



まさかの12連敗!!

この状況、どこまで続くのでしょう?

テーマ : オリックス・バファローズ
ジャンル : スポーツ

バファローズ好調、ですけどね。

プロ野球・オリックスバファローズが、快調に進撃中。
14年ぶりの9連勝を成し遂げましたね。これで3位に。
今日はイーグルスと引き分けた模様ですが。

まあ、それまでの連勝と連敗の繰り返しがあるので、9連勝の後に9連敗なんて、
普通にありそうなので、あまり高揚感がありません。
むしろ、まだまだハラハラ状態です。

元々、近鉄バファローズのファンだったので、オリックスになってからは、
かなり熱も下がってしまったところなのですが、

「大阪人は阪神ファンが当たり前」
「阪神ファンでなければ大阪人ではない」
「関西には阪神ファンしかいない」


等と言う方もいらっしゃるので、反骨精神(単なるへそ曲がり)からも、バファローズを
これからも、ゆるゆると応援していきます。

とりあえず、オリックスになってから球場まで足を運ぶことが無くなりましたので、
久々のドーム観戦から始めたいところですが、一緒に行ってくださる人がいない。。。
「タイガースなら」と言っていただける方はいらっしゃいますが。




へそ曲がりと言えば、比較的最近でも、

ワープロソフトが「一太郎」全盛期に「ワード」を使い、
「ワード」が主流になると「一太郎」に乗り換える。
MP3が一般化した頃にNET MDを購入する。(果てにはHi-MDまで)
ビデオカメラでAVCHD普及期にHDVを買う。
Wiiが爆発的に売れていた時にPS3、そしてXBOX360を買う。(無印XBOXも有ります)
携帯にWillcomを使っていたり、PCは無論、Mac。

かなり以前に遡れば、

皆が「全員集合!」を裏番組の「欽ドン!」を見る。
「ひょうきん族」が流行れば「全員集合!」を見る。
ガンプラが流行れば「イデオン」の模型を作る。
アニメブームには、特撮・時代劇で対抗。

いつの時代も、私は「挑戦者」なのかもしれません。
振り返れば、ガラクタとなったものばかりが部屋に鎮座しております。

現在、その最右翼がPSP GOでしょうか。
え、もう生産中止? もうお約束です。




MSN産経ニュース H23.9.8

「理念より権力選んだ」 福島氏、離党の辻元氏を批判

何を今更、という感想です。
所詮、そんな方なのです。
鈴木宗男氏との関係をみてもポリシーがない。
何よりもふるまいに品がない。むしろ下品。
次の選挙では落選して欲しいけれど、残念ながら選挙区が別。
そう言えば、うちの選挙区の自民党の方も、元社会党だったな。これもポリシーがない。

テーマ : オリックスバファローズ
ジャンル : スポーツ

ちょっと鬱な日の、独り言。

日本経済新聞 電子版 H22.10.16
「ママでも金」挑戦に意味 引退、悩まなかった  柔道の谷選手、現役引退

 柔道女子48キロ級で、2000年シドニー大会と04年アテネ大会で、日本の女子選手として初めて五輪連覇をなし遂げた参院議員の谷亮子さん(35)が15日、東京都内で記者会見し、「本日、競技の第一線から退くことにしました」と現役引退を発表した。

(以下、リンク先記事参照)



Asahi.com H22.10.16
議員引退、女性議員ら理解示す 「党に責任」の批判も


やはり、議員・選手・母親の「三足のわらじ」には無理があったわけで。
それぞれの重責を並行してになっていくのは相当に厳しかったのだろう。

個人的には、谷氏は普通に選手を引退してから政界に入るべきだったと思います。
自民党議員がしたり顔で言う、民主党の選挙戦略に取り込まれた結果というのは一つの見方ではあるけれど、やはり本人の決断が重要。
今後は議員としての責務を十分に全うして欲しい。




愛車・エスティマの前バンパーに米粒ほどの傷を二つ発見。
愛車破損2210

3年以上、ノーミスで乗ってきたのに。
鬱な気分です。

とりあえずの問題はないけれど、どうにも気になるので、ショップでタッチアップペンを買ってこなきゃ。


テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。