さらばVAIO、となるのだろうか。。。

日本経済新聞電子版 H26.2.5
「VAIO信仰」見誤ったソニー PC再編、最終章へ

 ソニーがパソコン「VAIO(バイオ)」事業の売却に向け投資ファンドと最終調整に入った。中国レノボなど海外勢の攻勢、iPadに代表されるタブレット(多機能携帯端末)の台頭で国内パソコンメーカーは苦戦が続いている。ソニーは個人向けの高付加価値路線で差異化を図ったが、巻き返すことができなかった。赤字が拡大し「お荷物」になるまで売却に踏み切れなかった背景には、かつてのVAIOの成功体験と強いブランド力に対する経営陣の過信がある。市場の縮小が続くパソコン業界では、今後もソニーと同様に事業再編を模索する動きが続きそうだ。

 「アベノミクスによる景気刺激策の効果は、残念ながらVAIOには表れていない」。2013年10月の新製品発表会で国内市場について聞かれたソニーマーケティングの下野裕・ITマーケティング部統括部長は、力ない声で認めた。

 ソニーの14年3月期のパソコン出荷台数は、期初見通しこそ前年度比微減の750万台だったが、四半期ごとに620万台、580万台と2度にわたり下方修正。不採算の低価格機の開発を中止し、本体が変形してパソコン、タブレットのいずれとしても使える多機能端末で状況打開を図った。しかし10万円を超える価格の高さがあだとなり、年末商戦で消費者の支持を得られなかった。6日に発表予定の4~12月期決算では、今期3度目の下方修正を余儀なくされる見通しだ。

 もちろん、ソニーの経営陣もパソコン事業への危機感はずいぶん前から持っていたはずだ。同社を含む国内パソコンメーカーは2000年代初頭から、巨大外資系メーカーの影におびえ続けてきた。米デルや米ヒューレット・パッカードが直販モデルで台頭し、08~09年にネットブックが大流行してからは台湾エイスース(華碩電脳)や台湾エイサー(宏碁)、中国レノボグループによる格安攻勢にさらされた。

 日に日に厳しさを増す市場環境を目の当たりにし、07年以降は国内大手メーカーがパソコン事業の「選択と集中」を進める。日立製作所は07年に個人向けから撤退。法人向けも自社生産をやめ、米HPからのOEM(相手先ブランドによる生産)調達に切り替えた。「メビウス」ブランドの薄型ノートで定評のあったシャープも09年に撤退している。

■黒字のうちに再編したNEC、静観したソニー

 パナソニックはビジネスパーソンから圧倒的な支持を集める「レッツノート」に特化。「壊れない」という安心感を究めて実売20万円前後の高価格帯を定着させ、規模を追わず国内1工場で着実に収益を上げるという独自の路線で生き残っている。それぞれ将来のパソコン市場と自社の立ち位置を再確認し、自前主義は正しいのか、残存者利益は得られるのか、そもそも自社製品のラインアップにパソコンは必要なのか、と自問した末の決断だ。
(以下リンク先記事参照 ただし、日経有料会員のみ購読できます(^_^;



家族用にノートPC一台買おうかという話になり、VAIOを物色し始めた翌日に,SONYがVAIO事業切り離しのニュース。

今のところ、VAIOが消滅することは当面ない模様だが。
SONYでないVAIOに魅力を感じない私。

IBMでないThinkPadにも魅力を感じないし。

古い考えなのかもしれないけれど、企業とブランド、それぞれのイメージは消費者にとって大切なもの。
なかなか頭の中での切り替えは難しい。


昔、VAIOノート、Z505シリーズを使っていた頃が懐かしい。
頑丈なモバイルマシン。
仕事に趣味に、活躍しました。
最後は息子から三ツ矢サイダーを浴びせられて昇天しましたけど。

Windows2000Pro搭載。
OSもシンプルで良かった。。。
スポンサーサイト

テーマ : VAIO
ジャンル : コンピュータ

日本でOSとOfficeスイート以外のMicrosoft事業が成功した記憶はないが。。。

AV Watch H25.11.28
マイクロソフト、音楽配信サービス「Xbox Music」を日本展開。Windows 8.1から利用可能に

 日本マイクロソフトは28日、Xbox 360などの端末に向け、米国などで展開している音楽配信サービス「Xbox Music」を日本でも展開すると発表。日本ではまず、Windows 8.1/RT 8.1搭載PCから利用できるようになる。ただし、具体的な日本でのサービス開始時期は未定で、日本の参加音楽レーベルなどのパートナー情報も明らかにしていない。

 全世界で約3,000万曲を提供しているサービス(日本向けの提供楽曲数は未定)。価格は1曲あたり150円~250円が中心。MP3の320kbpsでの配信となり(一部楽曲ではビットレートが異なる)、DRMはフリー。決済方法はクレジットカードか、プリペイドのWindowsストアギフトカードが利用できる。
(以下リンク先記事参照)



AppleのiTunesストアあたりの対抗事業ですね。

Windows8.1の「MUSIC」のタイルからストアにアクセスできるのは便利でいいですね。

日本での事業開始がいつになるのか?当初の配信曲はどのくらい?
と気になりますが、iTunesストアも日本展開に結構時間がかかり、開始直後のラインナップは潤沢とは言えなかったことを考えれば、長い目で応援していければ、と思っております。

XBOX360/ONEやWindowsphone8端末だけでなく、AndroidやiOS端末にも対応するようで。
できれば、Macにも対応してもらいたいものです。

配信だけでなく、定額ストリーミングサービスの計画もあるようですが、SONYのMusic Unlimitedがあまり成功していると思えない現状を見ると、日本での成功は難しいのでは?


そもそもこのXBOX Musicの原型は「Zune Marketplace」だったのではないかな?

ITmediaニュース H25.8.19
Microsoft、「Zune Marketplace」を8月22日に終了へ

まあ、Zune事業は日本では始まってすらいなかったのですが、今度こそ、日本上陸でしょうか?

AppleのiPod対抗で、Microsoftが北米で展開したZune。
それに対応するMicrosoft版iTunesストア。
まさにそのまんまの印象でしたが。。。

肝心のZuneが鳴かず飛ばずのまま、XBOXやWindowsPhone8の展開に取り込まれていくなかでの再生というわけですね。

でも、日本ではXBOXもWindowsPhoneも「さっぱり」に近い状況です。

また、Windows8.1のスタート画面からのアクセスの件も、肝心のスタート画面をスキップしてデスクトップ画面のみを使用する保守派ユーザーに、その存在をアピールするのはなかなか困難ではなかろうかとも思ってみたり。



OSとOfficeスイート以外のMicrosoft事業が日本で成功した例を、私は思いつかず。
最近は何をしても、周回遅れの印象があります。
大丈夫か、Microsoft?

まあ、海外ではXBOX事業は好調と聞きますし、WindowsPhoneも少しずつシェアを上げているようですが。
それが今後日本にも広がっていくかどうかはわかりません。

当面、Appleの商品体系に取り込まれた私がMicrosoftのサービスに移行することは、ないだろうなあと思いますが、将来はどうなるかわかりませんね。

案外、5年後にはWindowsのXBOX Musicからダウンロードした楽曲をWindowsPhoneで聴いていたりしてね。
現状では考えにくいですけれど。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Windws8.1導入。

10月17日(木)

MicrosoftのPC用OS「Windows8.1」がリリースされました。

GIGAZINE H23.10.17
Windows8.1リリース、Windows8ユーザーは無料でダウンロードしてアップグレード可能

10月17日の20時(ニュージーランド時間の10月18日0時)より、MicrosoftからWindowsの最新OSとなる「Windows 8.1」がリリースとなりました。Microsoftのブログによると、Windows 8.1の参考価格は1万3800円(税抜)、Windows 8.1 Proの参考価格は2万5800円、Windows 8.1 Pro Packの参考価格は1万2800円となっています。また、Windows 8搭載デバイスがあれば、Windows ストアから無償アップグレードが可能となっています。
(以下はリンク先記事参照)



昨年Windows8が華々しく(?)リリースされて翌年の、ネームからもわかるようにマイナーチェンジ版である故か、あまり注目されておりません。

WindowsXPの無償サポート終了が近づいていたことは一部で話題になっていましたが、それでもWindows8は不評でMicrosoftが思い描いたようには乗換が進まず。。。
企業ユーズにはむしろ継続販売されていたWindows7の方が注目されていましたね。

Windows8.1リリースに伴い、Windows7の製品版は販売終了だそうです。
DSP版は続行なのかな?





昨日、自宅のiMac上で、仮想マシンとして運用中のWindows8を、Microsoftの無償サービスを使って8.1にアップグレードしました。

やはりマイナーチェンジ。
触ってみた感じでは、思っていたよりもWindows8時代から変わっていません。

スタート画面はリストの切り替えが若干変わった程度。

    251019Win8.1_01
    251019Win8.1_04



デスクトップ画面には「スタートボタン」が追加されました。

    251019Win8.1_05

まあ、Windows7以前にあったソレとはことなり、スタート画面切り替えスイッチに他ならないのですが、右クリックすれば、設定関係のメニューがポップアップ。

    251019Win8.1_03

ここからPCのシャットダウンができます。
Windows8では「チャーム」の「設定」「電源」と進まないとシャットダウンができないという面倒くささ。
やはり、あまり電源を切らないというタブレットマシンを念頭に置いた結果なのでしょうが。。。


とりあえず、Windows8のアプリはほとんど8.1でも起動するとのことでしたが、IE上でAppleのiCloudを起動させると、「写真」をクリックするとエラーを起こしてしまいます。
Appleの対応を待つよりないのでしょうか?

    251019Win8.1_02




Windows8.1については、まだ使い込んでいるわけではありませんが、使い勝手は少し改善されたものの、Windows7までの機能を部分的かつ妥協的にはめ込んだという印象。
OSXのLionからMountain Lionへの進化の方が大きいと感じました。

次の新版Windowsが「8.2」なのか「9 」なのかはわかりません。
今回のように1年後の来年にリリースなのか、もう少し遅れるのかもわかりませんが、基本的にはWindows8路線は堅持なのでしょうかね。
とりあえず、32bitと64bit併存は、そろそろやめる方が良いように思います。
混乱の元になる。




ま、私は基本的にOSXの方をメインで使っているので、Windows8.1はこれからも「一太郎」「花子」を使うときぐらいしか起動しないんですけどね。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

OS二題。

Ascii.jp H25.10.3
Windows8.1パッケージ版は1万4000円前後で10月18日発売、8からの無料アップデートは17日開始

 日本マイクロソフトはパッケージ版『Windows 8.1』の参考価格と構成を発表しました。

 一般ユーザー向けの通常版『Windows 8.1』(実売予想価格1万4490円)、最上位エディションの『Windows 8.1 Pro』(実売予想価格2万7090円)、8.1からMedia Centerへとアップグレードできる『Windows 8.1 Pro Pack』(実売予想価格1万3440円)の3エディションとなります。

(以下リンク先参照)



気づけば、リリースまであと10日と迫った、Windows8.1。

全く盛り上がっていません。

最近のPCのOSなんてそんなものかもしれませんが、今回は特に話題に上ることが少ないような。。。

一般ユーザーのPC離れは、予想以上に進行しているのでしょうか?


それはさておき、今回のWindows8.1。
Win8にはあったDSP版がないのが気になります。
変わって、Win7までは存在し、Win8では姿を消した「パッケージ版」が。。。

よくわからないけど、実質値上げなんでしょうか?

とりあえず、Win8からは無償アップグレードだそうです。
Win3から3.1にアップしたくらいの変化はあるのでしょうか?

ちまたにはWin7までの「スタートボタン」にこだわる方が多かったようで、こんかいのWin8.1でその復活がないと知り、落胆の声をよく聞きました。

Win8のUIが完成されているとは思いません。
むしろいろいろチグハグ感を憶え、Microsoftは一体何を考えているのかと憤りを覚えましたが。
かといって、Win7までのUIにこだわりすぎるのもどうかと。

一般ユーザーは基本的に与えられたものを使っていくのみ。
「使いにくい」と言いながらも、1ヶ月も使い込めばある程度なれるとは思います。

要はあきらめて慣れた方が、グダグダだだこねているよりは生産的ではないかと。

まあ、私は基本的にMacユーザーなので、今回もあまり関係ないですけどね( ^^)
仕事でもMac使うので、Windows使うことが減りました。




engadget.jp H25.10.2
iOS 7 の iMessage に送信不能バグ、アップルは修正作業中

先日のロック画面迂回バグ と ボタン連打バグに続いて、今度はiOS 7 のiMessage にメッセージが送信できない不具合が判明しました。

不具合の内容は、iOS 7 のiMessage を使用してメッセージを送信した際に、一旦は送信が完了したと表示されるものの、後に送信できなかったことを示す赤いエクスクラメーションマークが表示されるというもの。その場合メッセージは送信されていません。

アップルは Wall Street Journal の問い合わせに対して、この問題を認識しており、修正のためソフトウェア・アップデートの準備を進めていると回答しています。

アップルによると、この不具合はごく一部のiOS 7ユーザーにのみ発生しているとのこと。該当するユーザーへは、デバイスの再起動のほか、一度iMessage 機能をオフにした後にネットワーク設定をリセットし、その後iMessage をオンにすることを推奨しています。ネットワーク設定のリセットは、iOS の設定 > 一般 > リセットの中にあります。

なお上記の手順を実行しても改善できない場合は、アップルのサポートページにあるトラブルシューティングの項目を参照するか、アップルケアサポートに問い合わせすることを勧めています。



   iMessage251008


iMessage、iPhone/iPadやMacでシームレスに使えるので重宝しております。

が、先週、このバグで夫婦けんかになりました。

妻「こんな時間まで何やってるんや!」
私「メッセージで遅くなるって送っただろ?」
妻「メッセージ来てないわ!」
私「3回送ったぞ!」
妻「きちんと送信できたか確認しない、アンタが悪い!」


などというやりとりが。

これで夫婦不和になったら、Appleは責任とってお詫びとして、私にMacBook Airをプレゼントしてください。
(`ε´)

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

tag : Apple

ついにMicrosoftブランドの携帯が世に出るのですね。

ITmediaニュース H25.9.3
Microsoft、Nokiaの携帯端末事業を買収

 米Microsoftは9月2日(現地時間)、フィンランドNokiaのDevices & Services部門を買収することで合意に達したと発表した。買収は現金で行い、総額は37億9000ユーロ(約50億ドル)。取引は2014年1~3月期に完了の見込みだ。

 Microsoftはまた、Nokiaが保有するHEREブランドの地図サービスを含む各種ライセンスに16億5000ユーロを支払う。総額は54億4000万ユーロ(約72億ドル)に上る。

 NokiaのDevices & Services部門は、Windows PhoneやSeries 30/40搭載の携帯電話などのモバイル端末を担当する部門。Nokiaは同部門を売却し、ネットワークインフラサービスのNokia Solutions and Networks(NSN)、地図サービスのHERE、先進技術開発とライセンス部門のAdvanced Technologiesの3部門にフォーカスしていく。


 両社が2011年2月にモバイル分野における戦略的提携を結んで以来、NokiaはMicrosoftのWindows Phone搭載のスマートフォン「Lumia」シリーズを販売してきた。

 Microsoftが買収後、Series 30/40を搭載する低価格端末シリーズをどうするかは、まだ不明だ。

 この買収にともない、Nokiaのスティーブン・エロップCEOは古巣のMicrosoftに戻り、「Devices」チームのトップに就任する。この部門は7月に再編した新組織の「Devices and Studios Engineering Group」の上位組織という位置付けで、Devices and Studiosの現トップであるジュリー・ラーソン─グリーン氏は引き続きスマートフォン以外の端末(Xbox OneやSurfaceなど)を担当する。

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは発表文で「これは両社の従業員、株主、顧客にとってウィン-ウィンな取引であり、未来への力強い一歩だ」と語った。

 バルマー氏はかねて「デバイス&サービス」企業へのシフトを主張している。この買収で、Microsoftはタブレット(Surfaceシリーズ)に加え、自社ブランドのスマートフォンを手に入れる。



タブレットに続いて、スマートフォンにもMicrosoftブランドが登場するようです。

Microsoftの資金力で、WindowsPhone端末の販促が全世界的に進められていくのでしょうか。

ある程度は効果があるかも知れません。

しかしMicrosoftブランドだから成功するとは限らない。

Zuneとか、Surfaceとか、日本においてはXBOXとかも。。。

Windows8も期待通りの普及、というわけにはいかず。

MicrosoftのApple化計画は、現時点ではあまり成功とは言えないように思えます。



Microsoftが日本でWindowsPhone8端末を販売するのなら。

地図アプリはきっちりと改善して欲しいですね。
http://blog.esuteru.com/archives/6766697.html

これに関しては、ある意味、Appleのマップ以上の破壊力です(笑)

ノキアって地図に関しては定評あると聞いていたんですけどね。


そうこうしているうちに、WindowsPhone8の後継が世に出てもおかしくない時期が来てしまうのでは、と思ってしまったり。

テーマ : Windows Phone 7 Series
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる