「素の私」で行こう。

今日はゆえあって簡易裁判所に行ったのだけれど、
対応してくれた事務官(?)の女性の対応が、かなりひどかった。
これが市役所とかの役場だったら、即、苦情だったけれど。

以前、公証人役場にて、こちらが持ち込んだ案件を、公証人自身により、私の目の前で
「かってにせい」と放り出された経験があります。
裁判所と公証人役場とはそもそも異なりますが、同じ法務関係の役場には違いないので、
柄にもなく今回は我慢我慢。

でも、こういったことで我慢はダメだよね。
大事な仕事にも差し支えるし、精神衛生上にも良くない。根本的な解決にならない。
というわけで、次にその事務官と会う機会があったら、素直に、「素の私」で
喧嘩 意見調整することとします。

大人げのある範囲で、ね。。。




JR奈良駅にて。

   奈良駅230629_02

ホームには未だ、381系電車6両編成の先頭位置の表示が。

   奈良駅230629_01

「やまとじライナー」は廃止、臨時特急「まほろば」復活の噂も聞かない。
そもそも波動用の381系って、廃車になったような気がするので、この表示、
不要では、と思います。


JR大津京駅にて。
117系電車。

   山科駅230629_01
   山科駅230629_02

300番台の車内は西日本独自のものですね。
ロングシート部分のつり革の取り付け部が大仰に思えるのですが。
この写真ではわかりづらいですね。




今日のオヤツ。

   みな月230629_01

JR草津駅前の「うばがもちや」さんで購入した「みな月」。

今回は「黒糖」をいただきました。

もっちりとした食感。
黒糖の甘みは少々くどかったかな。
でも、美味しい。

ブラックコーヒーが欲しくなりました。




昨日からネタがつづきますが。。。

「事務官」と入力しようとしたら、「事務」。
「食感」と入力しようとしたら、「食」。

・・・もう「菅」にはこりごり。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 味見

「とっても訳せない味」。

毎日言っているけれど、今日も暑かった~。

暑い中、高所恐怖症なのに仮設足場に登ったり、体力減退中なのに荷物を運んだり。

で、朝から冷たい飲み物を飲み続けて、体調を維持していたのだけれど、
今になって、お腹を下し気味に。。。

ヤレヤレ、であります。




そんなことを言いながら、今日はこれで晩酌。

   晩酌20110628_01

復刻版「メローイエロー」

数年前にも復刻されていましたね。
昭和58年発売と言えば、私がまだ中学生の頃。
発売当時のキャッチは「とっても訳せない味」。

久しぶりに飲んでみました。

うん、確かに「訳せない味」(笑)

柑橘系であるけれど、酸味より甘みの方が勝ちすぎている、という感じ。
飲みやすくはあります。

個人的には「クイッククエンチ」を復刻していただきたいところですが。


ところで、「メローイエロー」の隣のアサヒ「スーパードライ」。

お中元にいただいたものです。

ただし、昨年の、です。

   晩酌20110628_02

母が「大事に」、納屋にしまい込んでいたのを思い出し、冷蔵庫で冷やしてくれていました。
今、冷蔵庫にはその「スーパードライ」がまだ5本ほど残っています。
そのうち1本はロング缶。

飲んでみましたが、やはり全体的にぼやけているというか、もたっとしているというか。。。

やはり、いただいたビールは早めにいただく方がよろしいようで。



「ロング缶」と入力しようとしたら、「ロング菅」とミス変換。
「ショート菅」でいいです。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

tag : 味見

近所のアジサイ。

今日も暑かったですね。
夜になると過ごしやすくはなるんですが。

今日は仕事で、開いてはいけないところを開いてしまい、精神的にダメージ。
ちょっとだけね。

まあ、手遅れになる前に気づいてよかったのかもしれないけれど。




6月11日。近所のアジサイ。

   アジサイ230611_01
   アジサイ230611_02

そろそろ、アジサイの旬も終わりかな?





ここからは独り言。


かつて、自民党政治を「賞味期限切れ」と言う方をよく見かけました。
それについては、「誤りではない」と感じたものですが。。。
まあ、少々傷んでいても、食べられないモノではなかった。
食べてしばらくしてお腹が痛くなることもしばしばでしたが。


今の民主党政治については、「賞味期限」どころか、
そもそも「食べられないモノ」「食べてはいけないモノ」だったと感じてしまう
今日この頃。

マニフェスト食堂の料理のサンプル?
それともバラマキ湖での釣りのルアーだったのだろうか。

煮ても焼いても食えないはずですね。

戯言です。
しかし、どんどん冗談で済まない状況になりつつあるような気がします。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

北伊丹駅(兵庫県伊丹市)

今日も暑かった。
買い物に出かけた程度で、特に何もしなかった一日。




で、ネタもないので、少し前の写真をペタペタと。


6月8日訪問のJR北伊丹駅。出張で降りた駅です。

   北伊丹駅230608_06
   北伊丹駅230608_02

工場地帯にある駅で、所在地としては、伊丹市と川西市にまたがってとのことです。

   北伊丹駅230608_04

駅構内には留置線。

   北伊丹駅230608_01

駅本屋横に、かつての駅名表示板が保存(?)されています。

   北伊丹駅230608_05

伊丹空港の離着陸コースの直下にあるらしく、なかなかの騒音です。
ホームにも注意書きが。

   北伊丹駅230608_03


今回、駅周辺の写真撮影は無しです。
駅の西側には西猪名公園がありました。
公園のサイトには

この公園は、大阪国際空港周辺の環境整備事業の一つとして、国有地を借受けつくられた公園です。緑にかこまれた園内は、運動施設、展望台、ウォーターランド等が整備され、休養に、スポーツ場として、多くの人々に利用されています。


と記されていました。
これからウォーターランドが賑わいそうですね。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 鉄道

我が家のユスラウメ

おはようございます。

昨晩はなかなか寝付けず、3時過ぎに一旦、とこについたけれど、6時過ぎには目が覚めました。
目覚めるとシャツが汗でびっしょり。

自分の中での不快指数、既にMAXです。


と、毎回同じことをつぶやくほどのストレスなわけですが。
まだ大阪では梅雨も明けていないという。。。




ネタがないので、少し前の写真です。

庭先で収穫のユスラウメの実。

   ゆすらうめ


口に運んでみると甘酸っぱく、少々控えめなサクランボ風といった味かな。

その日のうちに無くなっていました。
ほとんどは妻の胃袋へ。。。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

東川篤哉「殺意は必ず三度ある」

今日も夏日です。

益々暑い。

毎日が、自分の中の不快指数がMAX。

とりあえず、梅雨がまだ明けていないというのが気になるところ。

早く冬になって欲しいなあ。




東川篤哉氏の「殺意は必ず三度ある」を読み終えました。

   
殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス)
(2006/05/16)
東川 篤哉

商品詳細を見る


のんきを絵に描いたような鯉ヶ窪学園。敗退を続ける野球部グラウンドからベースが盗まれてしまう。オレ(=赤坂通)が唯一の下級生として在籍する探偵部員の総力を結集しても謎は解けない。後日、野球部とライバル校との練習試合終盤に事件は起きた。白昼堂々、球場で発見された野球部監督の死体に騒然となる両校関係者と捜査陣。動機は不明、球場ではアリバイ実験も行われるなど混迷をきわめる事件に、オレたち探偵部三人が事件に首を突っ込んだ。しょうもない推理合戦の先に待つものは…。
(Amazon.co.jpより)



はい。先日読み終えた「放課後はミステリーとともに」の姉妹篇というか、シリーズの本編と言うべき、学園ユーモアミステリーです。
鯉ヶ窪学園「探偵部」の部長たい「三馬鹿トリオ」が「野球見立て殺人」に挑む。

東川作品ですから、ユニークな登場人物が続々。
本作は事件の謎解きと言うより、登場人物の掛け合いが楽しいのでは、と思いきや、意外なトリック(良くこんなこと、考えつくなあ)と、それよりも、意外な真・探偵(真犯人ではない)に驚かされました。

暑さ忘れる面白さの一冊、でございました。

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

「大阪うどん・そば てんま」再訪です。

今日は雨が降りませんでしたね。

昨日は夏至。
これから次第に日が短くなるらしい。

そして、これからどんどん夏らしい気候に変わっていく。
益々蒸し暑くなる。

夏なんて嫌いだ。
日に日に自分の中の不快指数が高まっていきます。

今日は職場でエアコンを起動しました。
ちょっと早いような気もしますが、つけてみると快適。
エアコンの、そして電気の有り難さを再認識。

自分自身も、出来る限り、節電には協力するつもりではありますが、この電力事情、早く改善していただきたいものです。




暑い時は、やはり身体の芯から涼しくなるようなものをいただきたいものです。

ということで、久しぶりに行ってきました。

「大阪うどん・そば てんま」さん。

   てんま230623_02

   
大きな地図で見る

(前回訪問はH22年7月21日。「大阪うどん・そば てんま」

まずは、ビールとエイヒレ、揚げ出し豆腐。
「そば寿司の揚げ出し」が品切れで残念。

   てんま230623_01


で、いただきました。今回のメイン。

カレーうどん、大盛り。

   てんま230623_03

このお店自慢の細打ち麺と、とろりとした具だくさんのカレーだし。
きつねうどんとならんで、このお店の名物ですね。

   てんま230623_04

お腹いっぱい。そりゃあ、大盛り食べたらね。

汗がだくだく。そりゃあ、カレーうどんだからね。

やはり、暑い日はこうでなくっちゃ。

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : 味見

大河ドラマ「八重の桜」、製作発表について。

今日も蒸し暑い。

繰り返し言いますが、雨は好きです。
でも湿気は嫌いです。

エアコンのドライを使うかどうか、悩んでおります。
去年ならば、迷わず使っていたのでしょうが。

日に日に自分の中の不快指数が高まっていきます。
こういう時は体調も崩す。
昨日はお腹を下しましたが、今日は便秘です(笑)

奄美地方はもう梅雨明けだそうですね。
関西でも早く明けて欲しい。

夏のカンカン照りも困りますが。。。

あ、関東はもう真夏日だったとか?
電力事情、心配です。




大河ドラマ「八重の桜」、綾瀬はるかさん主演

 NHKは22日、2013年に放送する52作目の大河ドラマとして、綾瀬はるかさん(26)主演の「八重の桜」を制作すると発表した。

 NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などを手がけた山本むつみさんのオリジナル脚本。戊辰戦争の際には会津・鶴ヶ城籠城戦で自らも銃を手に奮戦し、後に同志社大学の創設者・新島襄と結婚した女性・八重の生涯を描く。

 このドラマは、NHKが東日本大震災プロジェクトを進めていることもあり、被災地・福島県も舞台にする。記者会見で綾瀬さんは「八重さんの心意気を一生懸命演じて、少しでも心が温まるような、日本中が元気になるような作品をお届けしたい」と意気込みを語った。
(YOMIURI ONLINE H23.6.22)


新島八重。

これはまた、意外な人物を大河で取り上げるのですね。
「元祖ハンサムウーマン」ですね。

現代では、「春の波濤」の川上音二郎・川上貞奴と同じくらいの知名度ではないでしょうか?
夫の新島襄ならばともかく、八重が一年間の大河ドラマの主役とは。。。

まあ、女性の視点から歴史を描こうとするのが、NHKらしいと言えばそうなのかもしれない。

新島襄はもちろん、徳富蘇峰や徳富蘆花も登場するのだろうなあ。

何度も大河で取り扱われている戦国時代やら江戸幕末などではなく、幕末から近世という時代設定は面白いと思う。
日本の教育史的な要素もあれば尚良いと思うし、我が母校ゆかりの人物でもあるので、個人的には期待はするのだけれど、「近代大河」三部作の失敗を繰り返すのではないか、と今から心配をしてしまったりします。


それにしても、主演が綾瀬はるか。。。八重のイメージ的には合わない気がしますが。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

黄桜 日本酒ハイボール

昨晩、猛烈な雨とともに凄まじい雷が。

おそろしくなって、おもわずMacの電源を落とし、コンセントも抜きました。
落雷したら困るので。

雨は好きです。
でも湿気は嫌いです。

一日中、服がべたついて不快で仕方がない。
扇風機で汗ばんだ身体に風を当てております。

少しは楽になるけれども、おかげで今朝もお腹を下しました。

早く梅雨、明けて欲しいものです。

夏のカンカン照りも困りますが。。。




晩酌。

黄桜 日本酒ハイボール。

   日本酒ハイボール
   日本酒ハイボールラベル

うん、割と手頃な値段だったので購入したのですが。

お味は。。。

はっきり言うと、カップ酒に炭酸が入ったようなもの。

いや、まあそうなんだろうけれど、「ハイボール」と言うからには、もう一ひねりくるかな、と期待していたのですが。

ラベルにも記載されていましたが、これを瓶から直接呑むのではなく、グラスに入れ、レモンを落とせば、お味も変わったのかもしれませんね。

まあ、もう買うことはないでしょうが。

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

tag : 味見

東川篤哉「放課後はミステリーとともに」

今日は雨は小康状態だったけれど、湿気で蒸し暑い。

雨は好きです。
でも湿気が嫌い。

電車で座席に座ると、服がべたついて不快で仕方がない。
立っている方が、若干ましかもしれない。

早く梅雨、明けて欲しいものです。

夏のカンカン照りも困るのですが。。。




東川篤哉氏の「放課後はミステリーとともに」を読み終えました。

   
放課後はミステリーとともに放課後はミステリーとともに
(2011/02/18)
東川 篤哉

商品詳細を見る


鯉ケ窪学園高校探偵部副部長・霧ケ峰涼の周辺には、なぜか事件が多い。
校舎から消えた泥棒、クラスメ-トと毒入り珈琲一族との関わり、校外学習のUFO騒動――
解決へ意気込む涼だが、ギャグが冴えるばかりで推理は発展途上。
名推理を披露するのは探偵部副部長なのかそれとも? ユーモア学園推理の結末は?
(Amazon.co.jpより)



軽妙なコメディタッチで、霧ヶ峰涼の視点で描かれる短編集。
鯉ケ窪学園高校探偵部シリーズの番外編にあたるとのことです。

本作の事件自体は、学園で起こった、不可思議な出来事がメインですね。
ただし、本シリーズの他の作品で活躍した探偵部部長は、この作品では名前すら登場しない。
逆に、副部長である霧ヶ峰涼は、部長の活躍する作品に登場しないそうです。

冒頭で「本作品集は、ミステリーの仕掛けを堪能いただく為、第一話「霧ヶ峰涼の屈辱」から
お読みいただくようお願いいたします」と記されていますが、
その「仕掛け」とやらは、表紙、目次、第一話の冒頭部分で、概ね予想できました。

最近、苛立ちマックスだった私は、この本を読んで、なんとか気分転換出来たわけで。
まさに、この一冊に救われたと言っていいでしょうね。
感謝感謝。


で、最近購入した本です。

「ジャーロ」No.42
若竹七海氏「猫島ハウスの騒動」
道尾秀介氏「カササギたちの四季」
   最近買った本2306_01

東川篤哉氏「殺意は必ず三度ある」
   最近買った本2306_02

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

窯焼きスパ 海老のクリームナポリタン 「フラカッソ柏原店」(大阪府柏原市)

今日の夕食はここ。

「フラカッソ柏原店」さん。

   
大きな地図で見る

「窯焼きスパ 海老のクリームナポリタン」819円(税込)。

   フラカッソ230619

鉄皿でカリカリに焼いたナポリタンって、思っていたよりもイケますねえ。
また、結構ボリュームあります。

一緒に注文したビール、できれば先に持ってきて欲しかったなあ。
注文時にそのあたりを確認してくれても良いのに。


それにしても、ナポリタンを置いている店がどんどん減ってきているような気もします。
昔は喫茶店の定番メニューだったのに。

鉄皿、欲しくなったので、買いに行こうかと思ったけれど、人数分買ったら、
きっと家族に叱られるだろうなあ。
「また、こんな一年に何回使うかわからんモノ買って!!!」ってね。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

tag : 味見

阿比留瑠比「政権交代の悪夢」

本日のプロ野球。
中日ーオリックス戦。

先ほど、延長10回裏、小池のホームランにより、中日の勝利。

まあ、それにしてもバファローズ。
交流戦前の最下位から、昨日の勝率5割復帰までの勢いはすごかった。

今後もこの勢いで頑張っていただきたいところなのですが、
何だか交流戦「だけ」強いような印象のあるのは気のせいなのでしょうか?




阿比留瑠比氏の「政権交代の悪夢」を読み終えました。

   
政権交代の悪夢 (新潮新書)政権交代の悪夢 (新潮新書)
(2011/04)
阿比留 瑠比

商品詳細を見る



民主党政権は政治を堕落させ、国家を壊滅の危機に陥れてしまった。なぜこんなことになったのか。「危機管理能力の欠如を示した菅政権」「"小沢はぶれない政治家"は完全な幻想である」「政策集に影響力を行使していたのは旧社会党スタッフ」「鳩山首相は反捕鯨国の首相に、『私はクジラ肉は嫌いです』と媚を売っていた」......政権交代前から警鐘を鳴らし続けてきた著者が明かす、愚かすぎる政権の酷すぎる内幕。
(Amazon.co.jpより)



著者は、菅首相の不興を買い、記者会見でスルーされ続けているという産経新聞記者。

まあ、政治に関しては、それぞれの見解があるだろうし、個人的な思いをここで書き残すのはやめておきます。
(書くと疲れるしねえ。)

ただ、本書はまさに「我が意を得たり」というべき一冊であったと言うことで。

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

「ジャーロ」No.41

「ジャーロ」No.41を読み終えた。

   
ジャーロ No.41 (2011 SPRING)―ミステリーのいまが見える (40) (光文社ブックス 93)ジャーロ No.41 (2011 SPRING)―ミステリーのいまが見える (40) (光文社ブックス 93)
(2011/03/15)
不明

商品詳細を見る


「ジャーロ」は、「エラリー・クイーンズ・ミステリマガジン」の流れをくむ隔月刊誌「EQ」が平成11年に休刊後、翌年に季刊誌「EQ Extra ジャーロ」として復活したものだけれど、 前号から年3回刊行、「EQ Extra」の文字も消えています。
まあ、基本的に海外作品の掲載はほとんど無いのだから、「EQ」は外して正解だろうね。


今号ですが、海外作品の掲載あり。
台湾作家の籠物先生氏「彷徨えるマーク・ガッソン」がそれで、ロボット工学三原則を取り扱った短編。
台湾の人名になかなか慣れなかったけれど、この展開には唸らされた。
マーク・ガッソンという人名を知っていれば、比較的簡単に事件の概要はわかるのでしょうが。


今号は警察小説の特集で、特に取り上げられているのが、大沢在昌氏の「新宿鮫」シリーズ。
大ヒットシリーズらしいけれど、読んだことがなかったので、べた褒めされても今ひとつピンと来ない。

結城充考氏の「衛星を使い、私に」は、自動車警邏隊の女性を主人公とした、出しゃばり的捜査を描いた一篇。

弐藤水流氏の「霞ヶ関 惨劇エリア」は、超時空ハチャメチャな短編。
その結末からすれば、シリーズ化も出来まい。その割に、結果的に無用だった設定が気になる。
「仮面警官」といい、この人の作品には読後、苛立ちをおぼえることが続いています。


門井慶喜氏の「小説あります」は、「続きは単行本を買ってね」という終わり方。またか・・・

ただ、東川篤哉氏の「雀の森の異常な夜」の軽妙なユーモア性と、詠坂雄二氏の「残響ばよえ~ん」のほろ苦い読後感に救われました。

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

かすラーメン 「勝さんラーメン」(大阪府八尾市)

先日、呑んだ帰りに、「勝さんラーメン」さんへ。

夏季限定という、「かすラーメン」を注文しました。

はい、写真が完全にぼけていますね。

   かすラーメン


要は、ニンニク・唐辛子の効かせ、油かすを乗せたスタミナラーメン。

まあ、普通というか。。。

でも、かすの食感がいいですね。


ところで、このお店。
21時頃、私以外のお客は無し。

昼間は周辺の工場の方が利用されるのかもしれませんが、
駅前でもないし、駐車場がないのは、やはり営業立地上、厳しいのではないでしょうか?

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 味見

こんな日は、何もしない。

昨日以来、気持ちが落ち着きません。

仕事をしている間は気が紛れているのですが、ちょっとしたことでイライラモードが表面化しそうになったり、誰かのちょっとした行動にかみつきそうになったり。

そのうちに、自分の中ではとっくに整理をつけていた、数年前のことにまで心が飛び、苛立ちが益々募るばかり。

いかんいかん、こんな日は、さっさと寝るに限りますね。

オヤスミナサイ。

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

保津峡駅(京都府京都市西京区・亀岡市)

この夏は全国的に省電力に心がけなければならないとのことで、
とりあえず、エアコン多用を控えようと思う愚夫愚父さんであります。

とりあえず、扇風機を出しました。
稼働中です。

腹、壊しました。





今日も京都へ出張です。

保津峡230615_01


朝からお腹を下し気味で、京都駅のトイレで20分程、おこもり状態。

ようやくJR嵯峨野線電車に乗ったのは良いけれど、途中で居眠りをしてしまい、
嵯峨嵐山駅で下車するつもりが、気づくと保津峡駅であったり。

この保津峡駅の所在は、京都市西京区と亀岡市にまたがっているそうです。

   保津峡230615_02
   保津峡230615_03
   保津峡230615_04
   保津峡230615_05
   保津峡230615_06
   保津峡230615_07
   保津峡230615_12

いわゆる秘境駅ですね。

電車から降りたのは私の他、数人のハイカーのみ。

この駅に以前訪れたのは大学3回生のことだから、20年以上経っているわけで。
こんな形で再訪するとは思いませんでした。

あの頃はまだ真新しかったこの駅も、随分と古ぼけているというか、
朽ちて行きつつあると言うべきか。

自然の中にぽつんと置き捨てられたような人工の空間、という印象ですね。

山陰本線の嵯峨(現・嵯峨嵐山)-馬堀間の路線変更で、
旧線の保津峡駅から500mほど離れた地点、トンネルに挟まれた鉄橋上に、
新線の保津峡駅は移転しました。

学生時代に訪れた際には、新駅舎が未完成で、駅業務は旧線駅舎を使用していました。
京都側のホーム端から旧線へ延びる歩道を通り、廃止された旧線上を歩き、
旧駅舎へ至るわけです。
そのルートは閉鎖されていますが、現存している模様です。
今は旧線が「嵯峨野観光鉄道」として再生されている為、歩くことは出来ませんが。

   保津峡230615_08
   保津峡230615_09

遠くに旧駅舎(現・嵯峨野観光鉄道のトロッコ保津峡駅)が見えます。

   保津峡230615_10

拡大。

   保津峡230615_11


こんなタイミングで来たのでなければ、軽く散策でもしたいところなんですが、
仕事が第一。
直ぐにとって引き返しました。


今日は人間関係などにも揺れ、心身ともに散々な一日でした。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 小紀行 鉄道

「おかげさまで、三十年。」

仕事で京都市内へ。

   おかげさまで、三十年。_01

今日は蒸し暑かったです。

もう梅雨明け?と思ったけれど、まだなのでしょうか。




京都市営地下鉄の構内にて、このようなポスターを見かけました。

「おかげさまで、三十年。」

   おかげさまで、三十年。_03

京都市営地下鉄が最初に開通してから30年の模様です。

今昔の電車の写真ではなく、電車をモチーフにした和菓子を用いているところに、
「ああ、京都って、すてきだなあ」
と感じさせられました。

この和菓子、できれば販売していただきたいものですね。

思い起こせば、20数年前、私が学生時代の頃は、京都市営地下鉄はまだ、
烏丸線の京都-北大路間のみ。それも4両編成。
今の烏丸線は6両編成で、路線も国際会館-竹田と伸び、近鉄との相互乗り入れも
行われており、のちには東西線も開通しましたね。

東西線は結構運営が厳しい模様で、地下鉄のこれ以上の路線拡大は厳しいだろうけれど、
都市交通機関としてこれからも頑張っていただきたいところです。




JR山科駅での117系電車。

   おかげさまで、三十年。_04

現在も、湖西線、草津線で元気に活躍中。

ですが、傷みも隠せませんね。

   おかげさまで、三十年。_05

10年ほど前までは、新快速で現役であったと思うのですが、寂しいですね。




今日の昼食は、JR草津駅徒歩3分の「なかよし」さんにて。

   おかげさまで、三十年。_02

今回は、ちゃんぽん+ライスのセット、650円。

美味しいとは思うけれど、以前いただいた、味噌ラーメンの方が良かったかな。

お店のおじさんはとても気さくな方ですね。楽しく世間話をさせていただきました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : 味見 鉄道

森村誠一「棟居刑事の凶存凶栄」

土日とバイキングが続き、メタボな腹が悲鳴をあげている6月13日。
今日は雨があがり、ほっとしました。

この間から、雨の中、少し歩くだけで靴の中が湿ってしまうので気になっていたのですが、通勤用の靴をひっくり返すと、左右ともゴム底に大きな亀裂が。
そりゃあ、水も染みこみますわ。

で、今日は仕事帰りに新しい通勤靴を買ったわけで。
不意の出費が続きます。




森村誠一氏の短編集、「棟居刑事の凶存凶栄」を読み終えました。

   
棟居刑事の凶存凶栄 (角川文庫)棟居刑事の凶存凶栄 (角川文庫)
(2010/05/25)
森村 誠一

商品詳細を見る


文芸誌の新人賞を受賞した香山は舞い上がった。早速会社を辞め作家へと転身するが、第2作すら発表できず苦悩の日々を送っていた。ある日、路上で自作小説を売る男・青空から作品を買う。文芸誌に発表したその作品は圧倒的反響を呼び、一躍人気作家になった香山は青空の作品を買い占めた。事情を知った青空は徐々に要求を増してゆくが…。心の闇と不条理が生む7つの完全犯罪を警視庁捜査一課棟居刑事が解く、傑作短編集。
(Amazon.co.jpより)



「文芸誌の新人賞」、「作家への転身」。

これも森村作品によく登場するキーワードの一つですね。何度か他作品でも見かけた要素です。

警視庁本庁捜査一課の棟居刑事、新宿署の牛尾刑事、作家・北村直樹。
このあたりが主要なレギュラー登場人物なのでしょうか。
作家・北村は森村氏の分身とも言うべき存在なのでしょうが、先ほどのキーワードにも引っかかり、著者の作品では類似の人物が他にも存在するのが、その存在感を希薄にしている気がします。
この人物が、旺盛な好奇心で(まるで「家政婦は見た」の世界です)無理な事件への接触、事件解決に向けての働きかけをすると、物語が尚更ご都合主義的に思えてしまうのですが。

掲載作品について、ネタバレしない範囲で、簡単にコメントします。

「二重幸運」
昆虫が事件解決の重要な要素となる作品。
タイトルには強引さを感じます。
北村直樹が、よく言えば事件解決に貢献しているのですが、ただチンピラに絡まれただけです。

「凶存凶栄」
そもそも、街頭で購入した作品を自分のものだして発表し続けることが出来るのか、疑問をおぼえます。
主役の香山が北村直樹とダブってしまう。せめて、北村直樹登場作品と併せて掲載すべきではないと思う。
本編が終わったところで、追記があり、この作品中に論理的矛盾があるので指摘してください、とある。
注意して読んでいれば、比較的簡単に見つけることが出来ると思うのだけど、これは元々そう言う企画だったのだろうか。

「殺意の演出」
北村直樹がカルチャースクールの講師を勤めた際に、みかけた女性が殺害され・・・という話。
男と女について、ちょっと考えさせられた一篇ですが、どうせなら、被害者についてもう少し掘り下げて欲しかったと思います。

「切窓の風景」
サラリーマンの悲哀を描く一篇。
主役の山辺の描写は他作品でも見かけたもので、新鮮ではない。
しかし、大阪から東京に転勤したが、同じような社宅で同じような窓からの眺め、近所の住民も時を同じくして東京に転居していたので、通勤途中で見かける人も同じ、という描写は、「ありえねえ」とつぶやいてしまいました。

「余命の責任」「余命の私刑」「余命の休戦」
余命あとわずかと宣告された山葉慶が、日常をかみしめながら過ごす中、次々と遭遇する事件を描く連作。
山葉の事件への絡みが北村直樹にそっくり。
余命あとわずかの主人公、というのは森村作品でも「勇者の証明」でも見かけますね。
毎回、事件に口を突っ込み、解決の端緒を開くのだが、それが他人の人生を左右してしまったと後悔したかと思うと、残りわずかな人生だから、と開き直る、この主人公には全く好感が抱けません。
この「余命」シリーズ、まだ続くのでしょうか・・・

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

松虫駅(大阪市阿倍野区)

雨の中、所用で阿倍野へ。

   
大きな地図で見る

阪堺電車の松虫駅で下車。天王寺駅前駅から二駅。
まあ、天王寺駅から歩いても10分少々ですが。

   松虫230612_01
   松虫230612_02
   松虫230612_03
   松虫230612_04

天王寺駅前から乗車すると、この駅の手前で併用軌道から専用軌道に入ります。
駅構内にわたり線があり、この駅で折り返しができる様になっていますね。


下町情緒広がる駅周辺。
それでも、少し北に向かうと、阿倍野再開発のエリアに入ってしまいます。

   松虫230612_05


熊野街道の道しるべがありましたが、割と最近に整備されたものですね。

   松虫230612_06


阿倍野警察署。
かつて映画「ブラックレイン」でロケ使用された庁舎は建て替えされていますね。

     松虫230612_07
   松虫230612_08

「聖天山」という低山(標高14mだとか)がこのあたりにあるそうです。
是非、次回は登山してみたいものです。




夕食は八尾市の「肉将軍 風林火山 八尾志紀店」さんへ。

やはり時節柄、ユッケの提供は休止されていました。

隣の席のスポーツ少年(?)グループが賑やかすぎて、何だか落ち着かず。
まあ、子どものすることだから。

で、今回に気になったメニューはこれ。

石焼きカルビカレー!!

   風林火山_230612_02
   風林火山_230612_01

石焼きビビンバのようにカレーをいただくというのが新鮮でした。
ハーフサイズとは言え、かなりのボリューム。
生卵が中央に落としてありました。

私はビビンバのようにおこげを作っていただきました。

   風林火山_230612_03

香ばしくスパイシーなカレーに満足です。

とりあえず、正式メニューではないようです。
次回訪問時には残っているかどうか。。。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 鉄道 役所

ランチバイキングと塩サイダー。

今日の昼食は、妻と二人で天王寺都ホテルのスカイラウンジ「エトワール」さんで、ランチバイキング。
「たまには二人で食事しておいで」と、母から金券いただきましたので。

しかし、母としては我々に気を遣ってくれたのでしょうが、11時過ぎに突然に「行ってこい」と言われても。
拒否権無し? 今日じゃないとダメ? そう言われても。やることあるんだけどなあ。
うーん、雨降っているんだけど、行かなきゃダメ?
そうですか。。。

なんか、「いいことした」って顔してますけど、母上?


まあ、色々と思うところはありましたが、気を取り直して、ありがたくお食事させていただきました。

   エトワール230611_04
   エトワール230611_03
   エトワール230611_01
   エトワール230611_02

眺めもよく、料理も美味しい。

ありがとうございました。ごちそうさまでした。




地元・中河内の寿屋清涼食品(株)製造の、「塩サイダー」をいただきました。
いわゆる「地サイダー」ってやつですかね。

   塩サイダー230611_01


サイダーに赤穂の塩をアクセントに配合してあります。

うん、悪くないと思う。

ですが、、、これを飲む直前に、長女が明日、部活に持っていくつもりで作成中の自作・スポーツドリンクを試飲させていただいておりました。
これがまずい個性的な味でした。
改良され、次第に飲める味になっていきましたが、そんなに次々に持ってくるなっちゅうの。

おかげで、「塩サイダー」、そのスポーツドリンク(?)の味がごちゃごちゃに。
タイミングが悪かった。

そもそも「塩サイダー」とスポーツドリンクは、味は似ているのかもしれない。


寿屋清涼食品(株)では看板商品の「三扇サイダー」(三ツ矢ではない)、ゆずサイダー、抹茶サイダーと、様々なサイダーを発売されています。
ウェブサイトの商品カタログをみているだけでも楽しくなりますね。

地元企業です。これからも頑張っていただきたいですね。

テーマ : バイキング・食べ放題
ジャンル : グルメ

tag : 味見

今日は蒸し暑いので。。。

今日は電車の中で一つの戦いを見た。

私の隣の席が空いていた。

その席を巡って、二人のおばさんのガチバトル。
早い話が、椅子取りゲーム。
凄まじい勢いで席に突進するおばさんの姿は、獲物に遭遇した密林の野獣であるかの如く。

結局、その隣の席も空いたので、二人とも座ることが出来たのだけど、ライバル同士が
隣り合わせになり、すごく居心地が悪そうでした。

で、二人とも、次の駅で降りていきました。

派手な椅子取りゲームをする元気があるなら、3分間ぐらい立っていればいいのに、と思うのですが。




今日は夕方から雨ですね。

蒸し暑い。汗をかいた。
だるい。
あまり考える気力が沸かない。

だから、今日は手抜きです。まあ、いつも手抜きですが。。。


ということで、最近食べたうどん。


5月25日。

   得正230525


「得正 大阪駅前第四ビルB2店」さんの、カツカレーうどん(大盛り)。980円。

それなりの値段がするけれど、期待を裏切らないお味。
甘みを感じるカレーですが、あとからじんわりと襲ってくる強い刺激。
しっかりとしたうどんに、薄く揚げたカツが合わさって、最高です。

これだけで満腹。
セットもあったけど、胃に入らないなあ。

この日に購入した本。

森村誠一「街」「青春の十字架」。

   購入物230525

もちろん、まだ読んでいません。


今日はこのくらいで。
さあ、風呂に入って、さっさと寝ようっと。

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

tag : 味見 読書

今の大阪駅に足りないもの。

大阪駅が生まれ変わりました。

駅を挟んで南北にそびえ立つノースゲートとサウスゲートのビル。
それをつなぐ大天井を特徴とする橋上駅舎。

それぞれのビルにはオシャレな店舗が数多く入店し、梅田の、いや大阪のショッピング動線が
大きく変わる予感。

それはいいんだけど、駅改札内に足りないものがあります。

そう、「駅うどん・そば」が無い!!

かつて、大阪環状線ホームにあった「シオヤ大阪駅」さんが駅工事の進捗に伴い閉店してもうすぐ2年。

   H21.7.22シオヤ大阪駅 閉店。。。
   H21.7.26シオヤ大阪駅閉店 その後に思う

今一度、シオヤさんに帰ってきて欲しいとまでは望みませんが、せめて、JR系の「麺家」でも入店して欲しい。

「駅うどん・そば」は日本が誇るファストフード。
電車の乗り換えの際に、小腹が空いたら、ささっと立ち寄り、ささっと腹ごしらえ。
安くてうまい(とも限らないけれど)、庶民の友なのです。

大阪駅程の主要駅で、「駅うどん・そば」が無いという例に出くわした記憶がありません。
(無論、大阪駅も改札外にはあるのですが、わざわざうどんを食べる為に改札を出るのは面倒。)

例えば、京都駅は4店、新大阪駅、天王寺駅でも3店はあります。
和歌山駅や京橋駅にもあったなあ。
(JR同志での路線乗り換えのない三ノ宮駅・神戸駅あたりでは無かったかもしれませんが。)


まだ駅の工事は続いている模様です。ゆくゆくは、南側バスターミナル上の仮店舗「フロートコート」の店舗も駅の方に戻ってくるのでしょうが、是非、改札内に「駅うどん・そば」を復活させていただきたいものです。




昨年、一度だけ訪問したことのある、JR志紀駅前の「得得うどん志紀店」さんが5月末日で閉店していました。

   得得志紀230602_01
   得得志紀230602_02

   H22.9.29得得うどん志紀店(大阪府八尾市)

これまでこの場所はいろいろな店が入れ替わっていますが、「得得ならば」と期待したのですが、いつ見ても閑散としている状況は、それまでのお店と変わらず。
やはり持ちこたえることが出来ませんでした。残念です。



テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

tag : 各駅探訪 味見

虫こぶ。

またか、と思われるかもしれませんが、電車の中でのこと。

ロングシート座席に腰掛けていると、結構混雑しているのに、
私の左隣に座る70代くらいの男性は、荷物を座席に置き、
二人分の座席を占領。
目を閉じて、イヤフォンで音楽か何かをを聴いていました。

「ちょっと、あなた。荷物は膝の上か、網棚に乗せなさい」

と、のど元まで声が出かかったのですが、右隣に、得意先の
関係者が座っている中で、喧嘩を起こしては格好が悪いし・・・

そんなことを思い、悶えていると、目の前のオバサンの携帯が
車内全体に伝わるような大きな音を鳴らし、

「もしもし、まいど~。うん、今電車の中。あの件やけどなあ・・・」

と、馬鹿でかい声で、通話を始めました。

そうこうしているうちに、目的地の駅に到着。

ふう。。。電車の中は精神衛生に良くありません。




この、葉っぱに出来た実のような丸い物体。何だかご存じですか?

   虫こぶ230525_01

「虫こぶ」っていうそうです。

虫が木の葉に卵を産み付け、できあがったものだそうです。

ひとつ、つまみ上げて開いてみましたけど、うにょうにょと虫がその中で
動いていました。
Xperia arcのカメラではきちんと撮れませんでしたが。

   虫こぶ230525_02

いやあ、こんなものもあるのだと、驚きましたよ。

まさに、「生命の神秘」ですね。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

こんなものなんや。

最低な政権が2年近く続いているので、
「国政ってこんなものなんや」
と思い始めていた自分に気がついた6月8日。

YOMIURI ONLINE H23.6.8
舛添氏「大臣病患者の自民党幹部がコソコソ話」
自民・大島副総裁「閣外協力というやり方も」

大連立でなければ、責任を持った政権への協力体制がとれないというのなら、
今まで自由民主党が、先の大震災後に「全面的に協力する」とか、言っていたような気がするが
極端な話、「アレは全部、嘘だったのか」とも思えてしまう。

大政翼賛会のような「大連立」は本当に最後の手段だと思う。
政策協議が整ったとしても、先の選挙での民意(既にすっかり変わっているとは思うけど)が
全く反映されない。

自民党は閣外協力で進めるべきと思うし、党利党略無しで協力しても、何一つ進められない与党で
あれば、寧ろ、さっさと総選挙すべきだとも思ってしまう。

リンク張った読売の記事ですけど、舛添氏の「大臣病患者」という言葉は「言い得て妙」と思うけれど
「あんたが言うな」。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

マツバギク

昨日今日と、仕事で緊急出動が続きました。

結果的にそれほど緊迫した状況ではなかったのですが、
胃が痛くなります。

日々平穏が幸せ。




5月21日(土)

もう2週間も前になりましたが。

マツバギクを見つけました。
Xpria arcのカメラでパシャリ。

   マツバギク2305_03

花の色が、赤と白。

赤は今も咲いていますが、白はほとんど枯れてしまいました。

   マツバギク2305_01
   マツバギク2305_02


赤と白。

紅白。

紅白歌合戦。

紅組=女性、白組=男性。

やはり、女性の方が男性より強いのだ。。。




日本経済新聞 電子版 H23.6.7
クラウドに舵を切るアップル 新OSで「総取り」狙う Macは“脇役”に

Mobile Meが発展的解消・・・
有料サービスにプレミアムを感じていたのに、と正直、微妙な感想です。
無料で利用できるサービスが増えるのはありがたいのですが。



今日は疲れたのでこのあたりで。
iCloudやらLionについては、また改めてじっくりと考えたいところです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : Apple

「メフィスト 2011 Vol.1」

「君が代起立条例」やら府議会議員定数削減など、基本的には賛同したいところなのだけれど、
現在の大阪府知事の強引なやり方には嫌悪感をおぼえてしまう。
この間、府議選挙が終わったばかりなのに急ぎすぎないか?

こんなことをやっていて、国政の内閣不信任案を巡る騒動を批判するなど、どの口が言うのか、
と疑問を感じます。




「メフィスト 2011 Vol.1」を読み終えました。

   
メフィスト 2011 VOL.1 (講談社ノベルス)メフィスト 2011 VOL.1 (講談社ノベルス)
(2011/04/07)
講談社 文芸図書第三出版部

商品詳細を見る


今回は前号の770頁から560頁と大幅に薄くなっています。
以前よりどんどん薄くなっているのですが、今回は震災の影響による紙不足も
影響しているのかもしれません。

相変わらず、読後感の悪い歌野晶午氏の「密室殺人ゲーム・マニアックス」が完結。
内容は、あまり趣味ではありません。

新堂冬樹氏の「アキバの帝王」が最終回でしたが、例によって、「続きは単行本で」という詐欺の
ような最終回。
「仮面ライダーディケイド」か!

石持浅海氏の「人面屋敷の惨劇」、乾くるみ氏の「北乃杜高校探偵部シリーズ」も最終回。
前者はだいたいの展開としては予想できましたが、相次ぐ殺人の果てに、ぬくもりを得た主人公の
女性の姿が印象的。
後者は青春ものとして、爽快な余韻を持つラストに好感。

うん、単行本での加筆は良いと思うのだけど、基本的に連載小説は誌面で完結して欲しいところです。

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

大津市庁舎本館・京阪・別所駅(滋賀県大津市)

暑くなってきました。
そろそろ、半袖が必要ですかね。

ということは、蚊が飛び回る、嫌な季節がいよいよ到来したわけで。

あの耳障りな羽音と刺された時のかゆみ。
そしてつぶした時にべちゃっと付着する血液。
想像するだけで嫌になってきました。

蚊のいない世界に行きたいものです。




5月25日。

所用で大津市役所へ。

   
大きな地図で見る

   大津230525_01

役所へ行く用事と言えば、諸手続で必要になる住民票等の発行やら、税金の相談やら、
道路や上下水道等の様々なクレームやら、残念ながら、あまりいいことが思いつきません。

   大津230525_02

大津市庁舎本館は、佐藤武夫氏による設計で、昭和42年に建築されたとのことです。
コンクリート打ちっ放しですが、巨大な円柱、深い庇など、和風建築と近代建築の
合流と言いますか、すごく格好良いデザインですね。

内部の吹き抜けもいい感じです。

   大津230525_03

佐藤総合計画の紹介ページ

ただ、そろそろ大規模な補修も必要ではないか、と思う傷みも見受けられたり。。。
耐震上の問題もあるとかで、建て替えも検討されている模様です。

47ニュース H21.5.10
耐震補強へ、夏までに調査 大津市庁舎本館、応急措置を検討 

京都新聞 H23.2.19
大津市役所を隣接国有地へ移転検討


で、そんな大津市役所の最寄り駅が、京阪電鉄・別所駅
大津市役所と同駅を挟んで反対側には皇子山総合運動公園もあります。

   大津230525_04
   大津230525_05
   大津230525_06
   大津230525_07

別所駅そのものは、日中は閑散としたローカル色漂う駅です。

気になるのは、そこから300m程、浜大津よりに存在する、旧駅ホーム。


   大津230525_09

旧ホームから現・別所駅方面を見ます。
   大津230525_08

大津市役所の移転時に別所駅も現地点へ移転となったようですが、
坂本方面ホームだけが現在も残されているのです。
何故でしょうね。


旧ホームから少し、現・別所駅に戻るとよくわからない構造物が。

   大津230525_10
   大津230525_11

古レールで軌道を押さえているのでしょうか?
これも何なのでしょうね。


それにしても、京阪・石山坂本線。
日中は電車ガラガラです。

   大津230525_12

京阪が経営分離を考えるのも無理ないかもしれません。
叡山電車の方が賑わっているような気もします。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 鉄道 役所

iPadでブログ更新したいのに。

今更ではありますが、

先の衆議院選挙で、民主党は200近くその議席を増やし
自民党は逆に200近くその議席を減らし、ベテラン議員が次々と落選したわけです。

乱暴な言い方ですが、閣僚経験者の少ない野党で、尚且つ衆議院議員の三分の二が
新人(無論、元職も地方自治出身者もいらっしゃいますが)という、人材に乏しく
党綱領もない理念も明確でない民主党中心の現政権だから、と考えれば、
現在の政局の混迷は予想できたことなのかもしれません。

かつて自民党も郵政選挙で新人が大量に生まれたとはいえ、先の選挙の民主党ほどではないし、
長年与党であったことから、閣僚経験者も多かった。

自民党時代が良かったとは敢えて言いませんけれど、現在のていたらくを見るに、
やはり民主党が政権を担うにはまだ早かったとしか言いようがないと思います。

ああ、ダメだ。
また愚痴ってしまいました。政治ネタは避けるつもりだったのに。




今、このエントリをiPadのSafariで書いております。

テキストだけであればBluetoothキーボードを用いれば割と普通に入力できるのですが、
写真のアップロードができません。
iPadの写真アプリをFC2がフォルダとして認識しないので、当然と言えば当然。
独自にマウントできる仕様を設けなければならないあたりが、iOSやらAndroidあたりの
宿命なのでしょうね。
FC2がDROPBOXやMobileMe、Picasaあたりのクラウドサービスと連携できれば解決
なのですが。
また、既にMacでアップロード済の写真を使おうとしても、
サムネイルが使用できないのはなぜなのでしょうか。

iPhone用のFC2blogアプリを利用する手もありますが、あれは未だ不安定ですしね。
それに、iPad上ではフル画面表示されないので、見にくいです。

iPad用の快適に動くBlogアプリ、どなたか開発していただけないものですかね。
そのアプリの動作上必要ならばFC2からの乗り換えも検討しますけど。。。

テーマ : iPad
ジャンル : コンピュータ

tag : Apple

海鮮コンボ。

なんだかねえ、今日は二日酔いで頭が痛いのです。
昨晩、さほど酒を呑んだというわけでもないのですが。。。

国会の「茶番」劇はまだ終わっておらず、呆れかえるばかりですが、ここではもう触れません。




クルマを運転していて、見かけた看板を、携帯カメラでパシャリ。

    コンボ2305


「ふぐ、すっぽん、うなぎ」

3つ並べられると「コンボ」と思ってしまうのは、「仮面ライダーオーズ」を見たからでしょうか。

ふぐ、すっぽん、うなぎの特性を持つライダー。
頭部がふぐで、上半身がすっぽん、下半身がうなぎ?

あまり近寄りたくありません。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

茶番。

今日のテーマは「茶番」だそうです。

   茶番230602
    ※これは「茶碗」です。

本当にね、今日の国会、「茶番」以外の何ものでもない。

また、鳩山氏と菅氏の覚書というものを見て、あきれ果てました。

YOMIURI ONLINE H23.6.2
辞めるとはひと言も書いていない「鳩菅覚書」

菅首相と鳩山前首相が交わした覚書の確認事項は次の通り
 ▽民主党を壊さないこと
 ▽自民党政権に逆戻りさせないこと
 ▽大震災の復興並びに被災者の救済に責任を持つこと
 〈1〉復興基本法案の成立
 〈2〉第2次補正予算の早期編成のめどをつけること


3箇条しかないうちの2つが自己保身。

震災復旧以外にも、色々することあるだろう?

それにしても、民主党の一部の面々。
大声挙げて、内閣不信任案賛成と言いながら、この程度の親分の方針で、コロッと賛成に転じる。
または、棄権・欠席する。
その程度の決意しかなかったのか?
意志を貫いて、党を除名になった2議員の方が骨がある。

だいたい、民主党は自由民主党の「党議拘束」を批判していたような記憶があるのだけれど。

いずれにせよ、衆議院の任期まであと2年少しの間、こんなグダグダの調子がつづくのだろうなあ。

それまで首相をあと何度変えるのか知らないけれど、結局、民主党の面々は、自分たちがヌクヌクと
与党であり続けることに保身し続けているように思えて成らないのです。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる