スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒歩で酷道・加太越 第4回 加太地区を行く。 (三重県亀山市)

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

《前回までの記録》
H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」
H26.7.13 「徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)」
H26.7.23 「徒歩で酷道・加太越 第3回 これぞ「酷道」。 (三重県亀山市)」

前回は、加太不動滝への入り口から加太北在家まで。






てくてく歩いて、加太北在家・加太板屋の集落進みます。

250714加太越_04_01
250714加太越_04_02
250714加太越_04_03
250714加太越_04_04
250714加太越_04_05
250714加太越_04_06

カラオケ?

250714加太越_04_07


川俣神社ではお祭りの準備中でした。
写真には全く写っていませんでしたが。

250714加太越_04_08
250714加太越_04_09

川俣城址の碑が気になります。


250714加太越_04_10

道が右手に曲がり、「岩屋」交差点で名阪国道から延びてきた道に合流する形で左折し、更に東へ。

250714加太越_04_11
250714加太越_04_12
250714加太越_04_13


この辺りにくると、道路の整備状況は改善され、片側一車線が確保されている区間も増えてきました。
もう「酷道」とは呼びづらいかな。

それでも、「二桁国道」としての威厳は皆無ですが( ^^)


加太小学校前には「関町五十周年記念植樹」の碑が。

250714加太越_04_14

そして、マンホールも「関町」。
デザインは「鹿・キジ・シャクナゲ」だそうです。

250714加太越_04_15

ここの鹿は神の使いではないのかなあと、ぼんやり考えたり。
神の使いでなければ、害獣扱いになったりもしますし。

こういった市町村合併前の、旧自治体時代の名残は、次第に少なくなっていくのでしょうね。


集落を抜けると、久しぶりに関西本線との遭遇です。

250714加太越_04_16


再び山中の長閑な風景を眺めつつ、先を進みます。

250714加太越_04_17
250714加太越_04_18
250714加太越_04_19
250714加太越_04_20


加太市場の集落に入りました。

250714加太越_04_21

JR加太駅はもうすぐ。




続きます。

スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

徒歩で酷道・加太越 第3回 これぞ「酷道」。 (三重県亀山市)

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

《前回までの記録》
H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」
H26.7.13 「徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)」

前回は、伊賀市・亀山市境界から加太不動滝への入り口まで。



「酷道」25号線に戻り、再び東へと。

250714加太越_03_01




路面が荒れた道をどんどんと登っていきます。

250714加太越_03_02
250714加太越_03_04


採石工場が現れました。

250714加太越_03_05
250714加太越_03_06
250714加太越_03_03
250714加太越_03_08
250714加太越_03_09
250714加太越_03_10
250714加太越_03_11

こうなると、もはや、ほぼ未舗装のダートと言ってもいいくらい。

この写真だけ見ても、普通の人は二桁国道とは思えない。
これぞ「酷道」ですね。


しばらくすると、ダート区間も終了。
荒れた舗装に戻りました。

250714加太越_03_12
250714加太越_03_13
250714加太越_03_14



「加太北在家」の標識が。

250714加太越_03_15


JR関西本線をアンダーでくぐります。

250714加太越_03_16
250714加太越_03_17
250714加太越_03_18
250714加太越_03_19
250714加太越_03_20
250714加太越_03_21


「大和街道架道橋」についての案内がありました。
このアンダーは、関西鉄道建設時代に遡る古いものなのですね。

250714加太越_03_22

この記載を見ると、この「酷道」25号線=大和街道が、かつては重要な幹線道路であったことが
うかがえます。

いまや、この体たらくですが。。。




続きます。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

前回は、伊賀市内のJR柘植駅から、「酷道」25号線の伊賀市・亀山市境界まで。

H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」





伊賀市から亀山市に入ったあたりから、道路の状況は目に見えて変わってきました。

250714加太越_02_01
250714加太越_02_02
250714加太越_02_03
250714加太越_02_04
250714加太越_02_05

道路幅員は1〜1.5車線。
急カーブの連続。
荒れてひび割れた路面のアスファルト。
路肩に積もった落ち葉。

とりあえず、山間部の作業道にどんどん迷い込んでいくという印象。

250714加太越_02_06

これでも、二桁国道なんですね。



途中見かけた看板。


「加太不動滝」とあります。

250714加太越_02_13

ちょっと気分転換に滝でも見に行こうか、という思いに。

で、看板に従って「酷道」から林道へと足を踏み入れました。

250714加太越_02_14
250714加太越_02_15
250714加太越_02_16
250714加太越_02_17
250714加太越_02_07
250714加太越_02_08
250714加太越_02_09
250714加太越_02_10
250714加太越_02_11


林道の状態がどんどん悪くなっていくので、あきらめて途中で引き返しました。
天候も不安定だし、先を急ぐ必要もありましたので。。。


後で調べると、林道入り口から不動滝までは1.1km程とのこと。
我々は実際には400m程しか進んでいなかったようです。

手持ちのiPhoneで検索できれば良かったのですが、あいにくここは圏外でした。



林道から「酷道」に戻り、再び「加太越」を進みます。



続きます。


テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)

平成25年7月14日(日)

「加太(かぶと)越」と言えば、三重県伊賀市と同県亀山市の間にある峠。
古くから人の往来があり、現在もJR関西本線や名阪国道(国道25号線)がそこを通っています。

関西本線の加太越と言えば、かつては蒸気機関車の重連で鉄道ファンには有名でした。
比較的最近までは「スイッチバック」もありましたしね。

今や、スイッチバックは解消され、小型のディーゼルカーが単行で走る閑散区間となっています。


この長閑な「加太越」を、関西本線でも、名阪国道を自動車で通過するでもなく。
名阪国道に対して「非名阪」とも言われる国道25号線(旧道)で踏破しました。

国道25号線の旧道は「酷道」のひとつとして有名な、とても「国道」とは思えない未整備で
狭隘な区間が連続しています。
片側2車線で、事実上無料高速道路として機能している名阪国道とは対照的です。

旧道の「酷道」としてのエッセンスを徒歩で実感する、というのがこの時の散策のコンセプトでした。


随行者は長男です。




今回は、三重県伊賀市のJR柘植駅から、亀山市との境まで。





お昼前に柘植駅到着。

250714加太越_01_20
250714加太越_01_01
250714加太越_01_02
250714加太越_01_03
250714加太越_01_04



柘植駅から名阪国道・下柘植ICへと向かう県道50号線を南下。

250714加太越_01_05

マンホールには「忍者」の絵が。

250714加太越_01_21



500m程進むと、大和街道との交差点。
と言っても、信号はありません。

250714加太越_01_06



大和街道を左折して東へ。

250714加太越_01_08
250714加太越_01_22
250714加太越_01_09

長閑です。

250714加太越_01_24


何かの神事でしょうか。

250714加太越_01_23



国道25号線(旧道)が南側から合流し、ここからは国道を歩くことになります。

250714加太越_01_10


お腹が空いたので、出がけにコンビニで購入したお弁当で軽い昼食。

250714加太越_01_25



再び歩き出すと、左手に関西本線と砂利採石工場が見えてきました。

田舎道のようですが、あくまでも現役の国道を歩いていますので。

250714加太越_01_11
250714加太越_01_26
250714加太越_01_12


右手には池が。

250714加太越_01_14


ちなみに息子は立ち小便をしているのではありませんので。

250714加太越_01_13



JR線を狭いアンダーでくぐります。
これでも国道なんです。

250714加太越_01_15
250714加太越_01_16



この辺りは道路の改良工事が断続的に行われているようで、一部が片側一車線に整備されています。

250714加太越_01_17



「一ッ家」の集落あたりで、にわか雨が降ってきました。

250714加太越_01_27
250714加太越_01_18

傘を差して集落を抜けましたが、空き家が目立っていました。
集落を抜けたあたりで、雨はやみました。



緩やかな上り傾斜で山中を進んでいきますと、亀山市との境界です。

250714加太越_01_28
250714加太越_01_19



ここから道がまた細くなります。

通行止めの遮断機がありますね。

250714加太越_01_29

あ、メタボで汗かきなオジサンが、妙なポーズをとっていますね。
なんでも「選挙ポスターの政治家のマネ」だそうです。
確かに、あの手のポスターに写っている政治家は、ガッツポーズをとっていることが多いですね。



続きます。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。