スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒歩で酷道・加太越 《補足》

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」
H26.7.13 「徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)」
H26.7.23 「徒歩で酷道・加太越 第3回 これぞ「酷道」。 (三重県亀山市)」
H26.7.28 「徒歩で酷道・加太越 第4回  (三重県亀山市)」
H26.8.3 「徒歩で酷道・加太越 第5回 加太駅周辺 (三重県亀山市)」
H26.8.17 「徒歩で酷道・加太越 第6回 加太駅から国道1号線合流まで (三重県亀山市)」
H26.8.24 「徒歩で酷道・加太越 第7回 関宿 (三重県亀山市)」

前回、ようやく完結しました。
週1回ペースだと、なかなか先に進みませんね。。。




振り返ると、およそ16km程度の徒歩旅でした。
加太駅以降、ちょっとダレてしまいました。



次回のお散歩記録は、平成25年8月4日(日)の奈良県宇陀市、室生寺の予定です。

はい。平成25年です。間違いではありません(^_^;
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

徒歩で酷道・加太越 第7回 関宿 (三重県亀山市)

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

《前回までの記録》
H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」
H26.7.13 「徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)」
H26.7.23 「徒歩で酷道・加太越 第3回 これぞ「酷道」。 (三重県亀山市)」
H26.7.28 「徒歩で酷道・加太越 第4回  (三重県亀山市)」
H26.8.3 「徒歩で酷道・加太越 第5回 加太駅周辺 (三重県亀山市)」
H26.8.17 「徒歩で酷道・加太越 第6回 加太駅から国道1号線合流まで (三重県亀山市)」


前回は、加太駅から「酷道」25号線と国道1号線の合流まで。






「酷道」25号線と国道1号線の合流する「新所町」交差点。

250714加太越_07_01

そこから国道1号線を東へ。

すぐに国道から外れ、旧東海道で「関宿」の町並みを歩きます。

250714加太越_07_02
250714加太越_07_03
250714加太越_07_04
250714加太越_07_05


関地蔵院。

250714加太越_07_06




250714加太越_07_07
250714加太越_07_08
250714加太越_07_09



小さな公園にある滑り台。

250714加太越_07_12

実はこれ、10数年前に、長男が生まれて初めて滑った滑り台なんです。
で、長男と記念撮影しました。




レストラン「山石」さんで休憩。

250714加太越_07_16

私は瓶ビールを。

3250714加太越_07_1

長男は「アイスクリームの天ぷら」を注文。

250714加太越_07_14

「アイスクリームの天ぷら」。
ぱっと見るとパフェのようですが。

250714加太越_07_15

きちんと底の方にアイスの天ぷらが入っています。
・・・うーん。ちょっとわかりにくいですね。


関宿には何度も足を運んでいるのですが、今回は文字通り駆け足で通り抜けただけ。
また改めてじっくりと散策したいものです。




JR関駅へ。

250714加太越_07_17
250714加太越_07_10


列車に乗ってJR奈良駅まで戻ります。

250714加太越_07_11


250714加太越_07_18


JR奈良駅前の「KASUYA」さんにて夕食。
あぶりレバー、ホルモン焼き、かすうどんを注文。

250714加太越_07_19

あ、かすうどんの写真がない。。。


これにて全ての行程完了。
帰路につきました。




延々7回にわたりお送りしました、「徒歩で酷道・加太越え」の旅。
これにて完結です。

長い間、ご訪問いただき、ありがとうございました。


テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

徒歩で酷道・加太越 第6回 加太駅から国道1号線合流まで (三重県亀山市)

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

《前回までの記録》
H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」
H26.7.13 「徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)」
H26.7.23 「徒歩で酷道・加太越 第3回 これぞ「酷道」。 (三重県亀山市)」
H26.7.28 「徒歩で酷道・加太越 第4回  (三重県亀山市)」
H26.8.3 「徒歩で酷道・加太越 第5回 加太駅周辺 (三重県亀山市)」

前回は、加太駅付近まで。




雨が上がったので、加太駅を出て、「酷道」25号線を一路、東へ。
JR関西本線、加太川・鈴鹿川に沿う山間ルートです。

250714加太越_05_17
250714加太越_06_02
250714加太越_06_04
250714加太越_06_05
250714加太越_06_06
250714加太越_06_07
250714加太越_06_08
250714加太越_06_09
250714加太越_06_10
250714加太越_06_11

時折見かける逆三角おにぎりの標識がなければ、国道を歩いているということを忘れがち。

250714加太越_06_12


特筆することはなく、山間を淡々と我々は歩いて行きました。

250714加太越_06_13
250714加太越_06_14
250714加太越_06_15
250714加太越_06_16
250714加太越_06_17
250714加太越_06_18
250714加太越_06_19
250714加太越_06_20
250714加太越_06_21
250714加太越_06_22

正直、加太駅をでて10分もしたあたりから、歩くことに飽きてきておりました。

加太駅でとりあえずの目的は果たしたのだから、そこから列車で折り返せば良かったのかもしれませんが
なんとなく、もう一駅分くらいは歩こうかと言うことになりました。


5km弱歩いて、国道1号線と「酷道」25号線の合流、「新所町」交差点に到着です。

250714加太越_06_23
250714加太越_06_24

「酷道」歩行はこれで終了しました。


続きます。

次回で完結します。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

徒歩で酷道・加太越 第5回 加太駅周辺 (三重県亀山市)

平成25年7月14日(日)

三重県伊賀市から亀山市にかけての「加太越」。
それをいわゆる「非名阪」または「酷道」と呼ばれる国道25号線ルートにて徒歩で踏破
随行者は長男。

《前回までの記録》
H26.7.6 「徒歩で酷道・加太越 第1回 柘植駅から市境まで(三重県伊賀市)」
H26.7.13 「徒歩で酷道・加太越 第2回 市境から加太不動滝方面(三重県亀山市)」
H26.7.23 「徒歩で酷道・加太越 第3回 これぞ「酷道」。 (三重県亀山市)」
H26.7.28 「徒歩で酷道・加太越 第4回  (三重県亀山市)」

前回は、加太北在家から加太市場の加太駅入り口付近まで。


加太市場の「ヘアーサロン」辺りから、関西本線本線沿いに進む道が左手に分岐。
ただし、Googleマップには掲載されていません。

250714加太越_04_21




線路沿いの道を進むと、加太駅手前(西側)に踏切があり、それを北側に渡ったところにお寺が。

250714加太越_05_01
250714加太越_05_02
250714加太越_05_07


踏切上から西方面。

250714加太越_05_04


同じく踏切上から東方面。加太駅が見えます。

250714加太越_05_03


踏切を渡って、

臨済宗・「神福寺」

250714加太越_05_06

鹿伏兎(かぶと)氏の菩提寺だそうです。
ネットを検索しても、「鹿伏兎定俊が1394(応永元)年、居館を兼ねて建立した」程度の情報しか
ありませんでした。


このお寺あたりから、「鹿伏兎城址」までの登山道があるとのことですが、今回はそちらに進まず。
城址には石垣・曲輪・土塁・井戸・堀切・土橋の遺構が残されているとのことで、興味深いです。

250714加太越_05_05



JR加太駅へ。

250714加太越_05_19
250714加太越_05_20
250714加太越_05_10
250714加太越_05_09
250714加太越_05_08
250714加太越_05_12
250714加太越_05_13
250714加太越_05_14
250714加太越_05_15
250714加太越_05_16
250714加太越_05_17


静まりかえった駅。
我々以外、誰もいません。

列車の時間を外した為かもしれませんが、加太地区の中心から外れた場所にあり、あたりに目立った
商店街もみあたらず。

関西本線でもっとも利用者の少ない駅というのもわかる気がしました。


ここで激しい雨が降ってきまして、しばし雨宿りです。

250714加太越_05_18



続きます。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。