COMICS JUNKUDO難波店 inOCAT

6月27日(水)

AppleStore心斎橋店でiPhone3GSのバッテリ交換をしてもらった後です。


数年ぶりに「金龍ラーメン」へ。

   金龍240627_01

チャーシューメン(900円)を食べました。

   金龍240627_02

はっきり言って、なんでこんな値段を取るのか、と疑問。

かつては平日の夕方でもそれなりに人が群がっていたという記憶のこのお店。

20年前とほとんど店の構えも変わっておらず、味が劣化しただけという印象。
まあ、私の舌が肥えたのかもしれません。
目方は確実に肥えていますが。




自宅への帰りにOCATビル5階の書店、「BOOK RANKING OCAT店」に寄ろうと思ったのですが。

   OCAT240627_02

何だか雰囲気が変わっていると思い、よく見ると、

店名が「COMICS JUNKUDO 難波店」に変わっていました。

   OCAT240627_01


以前、ここは「丸善 なんばOCAT店」が あった場所なのですが、平成21年9月末で閉店。
これは、近接の難波マルイトビルに「ジュンク堂書店」が出店。

「ジュンク堂」と「丸善」は同一資本になり、グループ内競合の形となるので何らかの動きがあるのでは、と思った矢先の閉店でした。

(H21.10.1 「さらば、丸善」


で、「丸善」の後に近鉄百貨店系の「BOOK RANKING」が居抜き出店したわけですが、これも3年と持たずに閉店したことになります。


が、「COMICS JUNKUDO難波店」は最近まで前述の難波マルイトビル地下にあったものがOCATへ移転したにも関わらず、現在の「丸善&ジュンク堂書店」の公式サイトへの記載が無いことが気になりました。

で、「BOOK RANKING」を経営している「BIG WILL」の公式サイトを確認してみると、こちらに「COMICS JUNKUDO 難波店」の記載が。

結局、「BOOK RANKING OCAT店」も「COMICS JUNKUDO 難波店」も同じ資本で、結局は業態を変更したに過ぎなかったわけで。

となると、「BIG WILL」は「ジュンク堂書店」のFCなのかと思い、「BIG WILL」のサイトの株主構成を確認しました。

「株式会社ジュンク堂書店(86%) 株式会社近鉄百貨店(14%)」


なるほど。納得がいきました。「BIG WILL」は「ジュンク堂書店」傘下だったわけです。
今回の変更はグループ内でのOCAT・難波マルイトビル店舗の再配置ということだったんですね。


OCAT5階の書店は、「丸善」から「BOOK RANKING」、「COMICS JUNKUDO」と、結局のところは、「丸善」「ジュンク堂書店」の資本の中で、グルグルと回っていたことになります。


「BIG WILL」の筆頭株主がいつ「ジュンク堂書店」に変わったのかはわかりませんが、「BIG WILL」経営の「近鉄ブックセンター上本町店」(近鉄百貨店上本町店内)が、本日付で「ジュンク堂書店上本町店」として生まれ変わったようです。

ゆくゆくは「BIG WILL」は「ジュンク堂書店」に吸収されるのでは無いでしょうか?


ところで、今回の一件を調べていくうちに気づきました。

「喜久屋書店」も「ジュンク堂書店」と経営者のつながりがあるようです。
ライバル企業だと思っていたのですが。



で、話は戻って、「COMICS JUNUDO 難波店」。

申し訳程度の雑誌の他は、その店名の通りコミックのみ。

私はコミックもいいけれど、他の本も併せてながめたい主義なので、このお店はどうにも好きになれません。

また、「丸善」時代のように、文具類のコーナーもあれば、と思いますが、無い物ねだりですね。


   OCAT240627_03
   OCAT240627_04

OCATのフロア案内も、5階が「書店とレストランのフロア」から「雑誌・コミックとレストランのフロア」に変わっていました。
「丸善」時代は「文具」についても触れてあったように思いますが。。。
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

tag : 読書 味見 各駅探訪

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

金龍ラーメン、これで900円は確かにボリ過ぎな感じがしますね。
チャーシューも特段厚い訳でも美味しそうという訳でもないですし…

地元の「金龍ラーメン」は、ネギ入れ放題+キムチ食べ放題のシステムが
ありますが、大阪の金龍ラーメンでもそんな感じなんですか?

>申し訳程度の雑誌の他は、その店名の通りコミックのみ。

こういうお店だと、よほど濃いコミックを(それこそ、アニメイトと同じくらいの品揃え)
がないと、お客さんに訴えていく所が弱いのかなぁ、とも思いますが、ジュンク堂の系列
なら、何となく期待が持てそうです。

KZ-1様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>金龍ラーメン、これで900円は確かにボリ過ぎな感じがしますね。
チャーシューも特段厚い訳でも美味しそうという訳でもないですし…

一応、本店は御堂筋沿いにある、大阪の「名ラーメン店」なんですよ。
はっきり言って、チャーシューは旨くない。
ラーメン自体は普通、です。
いや、むしろスープの濃厚さは感じられません。

この20年で、ラーメン店が周囲に増えたということもあるでしょうが、確実に味は落ちていると思います。

かつては人が群がるように集まっていたのですけどね。
むろん、もっと遅い時間であれば「シメのラーメン」を求めて訪れる方が多くなるかもしれませんが。


>地元の「金龍ラーメン」は、ネギ入れ放題+キムチ食べ放題のシステムが
ありますが、大阪の金龍ラーメンでもそんな感じなんですか?

すみません、そちらの「金龍ラーメン」は全くわからないのですが、おそらく大阪とは無関係だと思います。
こちらの「金龍」のメニューは、「ラーメン」600円、「チャーシューメン」900円のみで、サイズが並と大盛りがあり、自販機で食券を買います。
近隣にある系列の別店舗では、おかわり自由のライスのセットもあったように思いますが、今はどうなっているのかわかりません。

で、白菜キムチとネギキムチが入れ放題です。
昔はおろしニンニクも置いてあったように思うのですが、今回は見かけませんでした。


>こういうお店だと、よほど濃いコミックを(それこそ、アニメイトと同じくらいの品揃え)
がないと、お客さんに訴えていく所が弱いのかなぁ、とも思いますが、ジュンク堂の系列
なら、何となく期待が持てそうです。

コミックは好きですが、他の本も探したいというのが私の主義なので。
確かに、品揃えは豊富だと思います。
が、「BOOK RANKING」時代の什器を流用しているはずなのですが、以前より何となく詰め込みすぎで、窮屈な印象を受けました。

個人的には、この路線で行くのなら、阿倍野の「喜久屋書店」のように、DVDやトイなども置いてメリハリつけた店舗構成の方が、広く集客できるのではと思わないでもありません。

「ジュンク堂」さん直営ならきちんとリサーチしていると思うのですが、集客に難あるOCATビルのテナントですから、「とにかく存続」が前提での業態転換だったのかもしれません。
繰り返しますが、以上はあくまでも個人的な感想です。

もしご興味がおありでしたら、JR難波駅下車、改札出てすぐ、OCATビルのエレベータに乗っていただきまして、5階にこのお店はございますので。


OCATビル、私の隠れ家的なお店が多かったのですが、なかなかどこも集客が大変そうです。
JR難波駅の乗降客は以前より増えているという印象なのですが、やはり規模的にも内容的にも中途半端で、周辺の商業施設には太刀打ちできないのでしょうね。
プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる