名優・山田五十鈴死去。

朝日新聞デジタル H24.7.10
女優の山田五十鈴さん死去、95歳 「必殺」で活躍

 映画や舞台でさまざまな女をつややかに演じ、女優として初めて文化勲章を受けた、山田五十鈴(やまだ・いすず、本名山田美津〈やまだ・みつ〉)さんが、9日午後7時55分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。95歳だった。通夜は11日午後6時、葬儀は12日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。

 新派の女形俳優、山田九州男(くすお)の娘として1917年、大阪市で生まれた。10歳で三味線の清元の名取となり、30年に映画界へ。溝口健二監督の「浪華悲歌」「祇園の姉妹」などで高く評価され、トップスターの座を獲得した。

 60年代以降は、活動の中心を舞台に移し、商業演劇で活躍。74年には、明治から昭和初期に活躍した女芸人を、三味線や落語など多彩な芸を織り交ぜて演じた「たぬき」で芸術祭大賞を受けた。

 87年には、ファンのアンケートをもとに、「たぬき」「香華」「淀どの日記」「しぐれ茶屋おりく」など代表作10本を「五十鈴十種」に選んだ。

 NHK大河「赤穂浪士」や時代劇「必殺」シリーズなど、テレビドラマでも親しまれた。

 93年度朝日賞。2000年に文化勲章受章。

 最後の舞台出演は01年の芸術座「夏しぐれ」。02年4月に体調不良を訴えて入院し、同年秋に出演予定だった舞台を降板。その後は療養を続けていた。



昨日のエントリでのアーネスト・ボーグナイン氏と同じく、享年95歳。

昔の映画で、凄みのある妖艶な役柄を印象的に演じておられたの拝見した記憶が残っております。
何という映画であったかは失念しました。

山田氏の「必殺」シリーズの初出演は、第6作「必殺仕置屋稼業」のゲストであったと記憶しております。
義理の息子に翻弄される薄幸な女性を演じておられましたね。

その後、第8作「必殺からくり人」仇吉役で主演。
以降、第11作「新必殺からくり人」・第13作「必殺からくり人・富嶽百景殺し旅」お艶役でも主演。
第15作「必殺仕事人」の初期で、二代目中村鴈治郎の後を受けて、元締・おとわ役で出演。


第17作「新必殺仕事人」以降、第23作「必殺仕事人V」までの「仕事人」シリーズでは、おりく役を演じられましたが、そもそもレギュラーでは無かったこと、「新仕事人」の初期を除けば、さほど人物像が掘り下げられることもなく、ただ「いるだけ」というか「いることもある」という存在になり、そのうちにフェードアウト。

一般的には「必殺」の山田五十鈴と言えば、おりく役になるのでしょうが、私個人としては、仇吉からおとわまで、山田氏が演じられた役柄の劣化コピーとしか思えないわけで。。。


山田氏は、晩年、脳梗塞を患われ、復帰を目指してリハビリに専念されていたようですね。
復帰がかなわず、残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

   
必殺からくり人(BOXセット) [DVD]必殺からくり人(BOXセット) [DVD]
(2003/10/01)
緒形拳、森田健作 他

商品詳細を見る


そう言えば、「からくり人」DVDも未開封。
私の寿命尽きるまでに見ることができるか、それともDVDが朽ちるのが早いか。。。

   からくり人240710
スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【名優・山田五十鈴死去。】

朝日新聞デジタル H24.7.10女優の山田五十鈴さん死去、95歳 「必殺」で活躍 映画や舞台でさまざまな女をつややかに演じ、女優として初めて文化勲章を受けた、山田五十鈴(やまだ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる