嗚呼、道明寺線。

今更のことではありますが。。。


柏原駅・道明寺駅間を結ぶ、近鉄道明寺線。

わずか2.2kmで、ワンマン仕様の2両編成電車がピストン運転するミニ路線です。


大きな地図で見る

柏原駅ではJRに間借りするかのような1番線を使用し(かつては側線もありましたが)、唯一の中間駅・柏原南口駅は、堤防にさしかかる傾斜上の小駅で、道明寺駅も柏原駅同様、南大阪線の片隅に間借りするかのような1番線使用ねするという、ローカル線です。

が、実は近鉄では最も古い歴史をもっております。

1898年(明治31年)に、現在、南大阪線となっている道明寺・古市間を含む、柏原・古市間が開通したのがその始まりであったりします。

いろいろあって、今は支線化し、JR大和路線と近鉄南大阪線を結ぶ連絡線と機能しているわけです。


私が幼い頃から身近に感じていた路線であり、かつてはJR大和路線=国鉄関西本線が非電化であったものの、国鉄柏原駅構内には一部架線が張られ、近鉄道明寺線からの貨物列車が国鉄線を介して、柏原駅の貨物ホームに荷物を運んでいたことも、ぼんやりと記憶しております。

そのあたりのことは、いずれ気が向いたら触れるかもしれません。。。



で、今回、何を言いたいのかと言えば。。。


写真を整理していたのですが。

平成16年2月28日時点での近鉄柏原駅時刻表です。

   近鉄柏原駅_01

ほぼ終日、15分間隔の発車となっております。

が、この直後、日中が20分間隔に減便となりました。

   近鉄柏原駅_02

写真は今年3月3日撮影です。

更にこの直後、3月のダイヤ改定で、日中が30分間隔に。。。

今日の写真です。

   近鉄柏原駅_03


ローカル化がどんどん進捗していますね。
改めてひしひしと感じました。

まあ、朝は結構混み合い、夕方以降もそれなりに乗車はあるものの、日中は閑散としています。
故に、減便はやむを得ないことなのでしょうね。


接続するJR大和路線の各駅停車も、昨年のダイヤ改定で、日中10分毎から、15分毎に減便されましたし、一方の近鉄南大阪線減便の噂も聞こえてきたりもします。

これからも、どんどん少子高齢化が進み、鉄道バスなどの交通機関は利用者減に直面、運営がどんどん難しくなっていくのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

tag : 各駅探訪 鉄道

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる