スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜」

三上延著「ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜」を読み終えました。

   
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。
(Amazon.co.jpより)



「積ん読」状態から救出の一冊です。
古書店を舞台にしたミステリという存在にひかれて購入したものです。

4篇の連作形式で、一つの大きな流れが出来ています。

読み進めていくと。。。
プロローグである第1話で、主人公の「活字恐怖症」について違和感が募り、第2話で少女と中年の交流にほろりとなり、第3話でホステスの女性にうざさを感じておりました。
ここまではいわゆる「日常の謎」を説いていく静かな展開であったのですが。

締めの第4話は、なんとなく2時間ドラマ的な安っぽい謎解きと活劇。
連作の締めくくりとして、一つの山場を設けなければならないというのはわかりますが。
もう少し静かな展開はなかったものかと、首をかしげてしまい。。。

そう言えばタイトルも、なんとなく2時間ドラマっぽいな。。。

ライトノベルらしく、クセのない読みやすい文章ですぐに読み終えました。
3話までの内容は嫌いではありません。

シリーズ化され、既に3巻まで刊行されているようですが、続きを読むかどうかは微妙なところです。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

トラックバックさせていただきました。
久しぶりなので、うまくいっていなかったらごめんなさい。
プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。