医師が根付けない村。

H24.11.9 YOMIURI ONLINE
上小阿仁村立診療所、先月就任医師も辞意

 上小阿仁村で先月12日、村唯一の医療機関である村立上小阿仁国保診療所の所長に就任した西村勇医師(71)が村に対し、健康上の問題を理由に辞意を伝えていたことがわかった。村では、公募で採用した医師が4人連続で自ら辞めることになる。

 村総務課によると、西村医師は今月2日、加賀谷敏明副村長を診療所に呼び、「体調が思わしくないので後任を探してほしい」と辞意を伝えた。これを受け、村は6日、公式ホームページで後任の公募を始めた。後任が決まるまで、西村医師が診療を続けるという。

 西村医師は、北海道北見市から赴任した前任の男性医師の辞職に伴い、9月に採用が決まった。西村医師が住む北海道帯広市で、中田吉穂村長とともに面接した加賀谷副村長は「本人が『健康には自信がある。80歳までは頑張れる』と話したので、信頼して採用した。病歴などは聞いていないが、体調不良を押してまでお願いできない」と話した。

 これまでの3人は「激務をこなせる体力がない」「気候が合わない」などとして、6か月~2年5か月で自ら辞めた。このうち60歳代の女性医師が、一部の村民に中傷されていたことを、当時の村長が認めていた。村総務課は「一日も早く後任を見つけるしかない」としている。



秋田県の上小阿仁村。
村唯一の医療機関である村立上小阿仁国保診療所の所長たる医師が4人続けて、短期間で離任してしまう事態が。

離任の理由として、確かに今回の医師のおっしゃる「体力」「気候」もあるのでしょうが、この診療所名でいろいろググってみると、代々の所長がほとんど休息を取ることが出来ない過酷な業務をこなしつつも、一部の村民から誹謗中傷の標的となっているらしい。

よそ者を受け入れられない閉鎖的な村民意識だとか、危機的状況にある村財政において所長が破格の厚遇を受けていることとか、先頃亡くなった前村長が強引に所長を招致したことへの反発等々、所長への誹謗中傷の理由はいろいろ噂に上っていますね。

これをみていると、上小阿仁村が無医村状態に陥ったのは自業自得とも思えるわけで。
無論、すべての村民が医師いじめを行ったわけでは無いのでしょうが。

なんとも殺伐とした印象を受けたニュースでした。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる