スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常見陽平「僕たちはガンダムのジムである」

常見陽平著「僕たちはガンダムのジムである」を読み終えました。


僕たちはガンダムのジムである僕たちはガンダムのジムである
(2012/09/28)
常見陽平

商品詳細を見る


世の中は1%の「すごい人」(ガンダム)ではなく 99%の「その他大勢」(ジム)が動かしている。

劣化する会社、上がらない給料――不安すぎる将来のために、僕たちは「すごい人」(ガンダム)にならなければと考える。
グローバル人材、T OEIC900点、驚異のプレゼン、セルフブランディング……
あえて言おう、カスであると。
僕たちはガンダムにはなれない。
僕たちはジムなのだ。
量産型人材として生き抜いてきた著者による ニュータイプになれない僕たちのための希望のキャリア論!
(Amazon.co.jpより)



「ガンダム」であるという幻想。
「ガンダム」でなければならないという脅迫
「ジム」ができること、「ジム」だからできること。


かつて、それなりに大きな組織の歯車であった私。
その頃の経験を振り返り、身につまされることも、つまされることに憧れた(笑)ことも。

「機動戦士ガンダム」というアニメ作品を切り口として、潔く現実を見つめ、潔く自身を評価、潔く立ち向かう。
潔い自己啓発本だと思います。




この本はアニメショップでも販売されているとか?

内容的に購買層が合わないような気もしますが、私の時代とはアニメショップも変わっているのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ワタクシも...

ワタクシもgf2さんのtweetを見て購入してたんですが未読です...今日明日休みなので読んでみます。

PonDad様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

まあ、タイトルを読めば、だいたいの方向性はなんとなくわかる一冊です。

ガンダム世代のサラリーマン必携、とは言いませんけれど、導入のフリをガンダムネタで行うのはアリかな、と。

会社人の方にはオススメしておきますね。

こんにちは

>内容的に購買層が合わないような気もしますが、私の時代とはアニメショップも変わっているのでしょうか?

そうですか。
ご紹介の作品は、私の周辺では、
わりと有名で、ございます。


なるほど。
なかなか、その通りだと、
レビューを読んでいて、感じました。

しかし、
多様性を求めてしまう、私の性分としましては、
大変、生意気ながら、

善⇔悪。偉人⇔凡人。のように、
モデルを、
単純化しすぎているようにも、感じてしまいました。

ガンダムと、ジム以外にも、
ガンタンクや、ただの戦車や、ボールもいますし、

ジオンも含めると、もっと多様な種類の機体があり、
それに対応した、
多様な性質の人が、いると感じています。

自分が、平凡で、凡庸だと、思っている、
ひらがなを書くことも、

英語圏の人から見たら、すごく、驚くことだとも、
聞いたことがあります。
平凡とは、そもそも、何なのか。が、
私には、謎です。


他にも、

社会は、微塵も、ボロがない
聖人君子を、求めすぎているようにも、感じています。

ほんの、わずかなボロが出て、
すごく叩かれる事が、ままにありますから・・・。
難しい問題だと感じました。

以上
大変、ズレていて、
変なコメントで失礼しました。

ありがとうございました。

TageSP様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>そうですか。
ご紹介の作品は、私の周辺では、
わりと有名で、ございます。

そうなんですか。
私がアニメショップに出入りしていたのは、だいたい高2くらいまでであったと記憶しておりますが、やはり25年も経てば変わるものなのでしょうか。

そもそも、社会におけるアニメの存在は25年に比して大きく変わっているのかもしれません。
サブカルチャーの育成を首相が重視した時期もあったくらいですから。
結局、よくわからないうちに政争の具にされてしまったのは残念。
(一方で、私の大好きなTV時代劇の地上波放送レギュラー枠が消滅したのはショックですが)


本書では実社会の構造を、一部エリートの「ガンダム」とその他「ジム」という対立する存在として単純に描いているわけではありません。

むしろ「ジム」であることの重要性、心意気を説いているものであります。
ですから、ここでは多様性を含んだ存在としてとらえて良いと思いますよ。

そう言えば、維新の会の橋下氏が、米国では「アメリカに行けば幼稚園児でも英語をしゃべれるんだ」と、英語力の強化を唱えておられましたが。
言いたいことはわかるけれど、逆に日本では、幼稚園児でも日本語をしゃべれるんだから、日本語文化を大切にして欲しいと思ってしまいました。


>社会は、微塵も、ボロがない
聖人君子を、求めすぎているようにも、感じています。

>ほんの、わずかなボロが出て、
すごく叩かれる事が、ままにありますから・・・。
難しい問題だと感じました。

聖人君子など、実際には存在しません。(たぶん)
建設的な「叩き」は必要ですが、「叩く」ことの目的化は勘弁して欲しいものです。


あ、何を言っているのかわからなくなってきたので、このくらいで。。。
プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。