スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」

岡崎琢磨氏の「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」を読み終えました。


珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。
(Amazon.co.jpより)



「このミス」大賞の「隠し玉」と聞いて購入しました。

ライトノベル的な表紙で購入に躊躇しました。
(漫画は買うのが平気なのに、ライトノベルには抵抗があるというのも。我ながら変ですが。)

全7章から構成されている本作。

短編連作と思わせる第4章までの流れを踏まえた上で、第5章から本作の核心に触れる展開が始まります。

コーヒーをキーワードとして、身の回りの謎を追うミステリですが、人が死ぬわけでも、大きな悲劇が起こるわけでもなく。
こぢんまりとした印象がないわけでもありません。

しかし、冒頭からちりばめられた伏線が、読み手に違和感を感じさせつつも、そのまま軽妙な文章で最終章まで一気に読ませてしまい、最後のどんでん返しで「しまった、夢中で読み進んでしまった」と思わせる展開、好きですね。

きちんと、この一冊で完結しているところにも好印象。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 読書

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。