ネルケ無方「迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教」

ネルケ無方著「迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教」を読み終えました。

   
迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教 (新潮新書)
(2011/01)
ネルケ 無方

商品詳細を見る



「お坊さんになって悟りたい!」----。悩めるドイツ人青年の危機を救ったのは、祖国で出会った坐禅だった。出家の覚悟を決めて来日するも、そこで見たものは、この国の仏教のトホホな姿。算盤を弾くばかりの住職、軍隊のような禅堂、仏教に無関心な世間......。失望と流転の末、ようやく辿り着いた理想の修行は、小さな山寺での自給自足・坐禅三昧の生活だった。日本人が忘れた「一瞬を生きる意味」を問う、ドイツ人禅僧のニッポン修行奮闘記。
(Amazon.co.jpより)



イロモノ本だと思って、軽い気持ちで読み始めたら、なかなか壮絶な人生です。。。

禅に憧れて来日、出家したドイツ人青年の波瀾万丈の半生、そして彼が見た職業化された日本仏教の堕落した姿、そして彼が座禅を通じて感じた自分なりの仏教解釈が記されています。

筆者が修行を通じて得た答えが、他者においても同じかどうかはわからない。
それは彼自身が、何の客観性も無い、とばっさり切り捨てています。

しかし、日本の仏教界の方も、本書を是非一読いただき、「葬式業」と言われてさえいる仏教のあり方を再興願いたいところです。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる