スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金曜ロードショー特別ドラマ企画 リバース〜警視庁捜査一課チームZ」

4月5日(金)放送の「金曜ロードショー特別ドラマ企画 リバース〜警視庁捜査一課チームZ」を視聴しました。

公式サイト http://www.ntv.co.jp/reverse/


松阪桃李・杏 主演。

ストーリーは公式サイトを見ていただくとして。

要は、警視庁捜査一課に新たに刑事部長直轄で設立された特別部隊・「チームZ」(ネーミングがベタw)と、そこに配属された新米刑事たちの活躍(?)を描く2時間ドラマ。

まずは主人公2名に全く交換を抱けないというところから物語は開始。

刑事部長直轄という、既存組織に刺激を与えるどころか、同じ案件を分業するのではなく時には別個に追うという、軋轢を生むだけのような中途半端で非効率な組織が非現実性を際立たせています。
(刑事部長直轄の割には、部長からほぼ放置されているのが変)

エリートっぽく登場した割には、主人公たちが根拠不明な自信過剰によるミス続きで、チーム全員土下座には失笑しました。

犯人が連続犯罪を実行した意味が結局のところ希薄。
共犯者を募って、食品会社恐喝する第一の犯罪は意味が無い。
犯人の動機からすれば、直接テレビ局に乗り込む方がリスクが低かったと思う。

警察への警鐘、主人公への挑戦と言う、2時間ドラマ的な(実際そうなのだが)要素は、うまく活用しないとドラマを盛り上げるどころか、嘘くさいものにしてしまうのではないでしょうか?

犯人を影で操っていた人物のカラクリなどもリアリティがない。
そしてそのカラクリもドラマ展開上の必然性が薄い。。。

続編を視野に入れた結末でした。
「映画化も視野に展開」とのことで、いろいろと伏線を張っているようですが。
中途半端で薄っぺら、としか言いようが無い出来、と思ってしまったのは私だけなのだろうか。

1クールの連続ドラマの1〜2エピソードとして作り直すのなら、それなりのものになるとは思うのですが。
スポンサーサイト

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
なほど。そうなのですか。

私は、刑事モノと、言われれば、

私の中学時代に、古畑任三郎と、
踊る大捜査線に、はまっており。

一時期、刑事というものに、憧れました。

あと、
夏休みに、特捜最前線の再放送を見ており、

どの刑事かを、忘れてしまいましたが、

犯人を、せっかく説得できて、良い雰囲気になったのに、

立てこもりでの、人質が、余計なことをして、
それが、きっかけで、
その刑事さんが、殉職してしまうシーンを、
今でも、鮮明に覚えております。

ありがとうございました。

TageSP様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も刑事ドラマ、好きですよ。

「特捜最前線」の仰る回はなんとなく見たような気がします。
が、あまりにも昔の事なので、なかなか思い出せません。

「太陽にほえろPART2」の後番組として始まった「ジャングル」が好きです。
特に初期は、連続ドラマ的展開、その当時としてはリアルな警察描写に驚きました。
「NEWジャングル」にリニューアルしたあたりからは、「太陽にほえろ」と大差ない
展開になりましたが。

他は「誇りの報酬」あたりも好きですね。
「噂の刑事トミーとマツ」「噂のデカちゃん」あたりは刑事物と呼んでいいのか、
微妙ですが、大好きでしたね。
プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。