篠山市内観光(兵庫県篠山市) 4

平成25年1月27日(日)

長男と出かけた篠山市観光の続きです。

これまでの記事
H25.5.21 篠山市内観光(兵庫県篠山市) 1
H25.6.1 篠山市内観光(兵庫県篠山市) 2
H25.6.16 篠山市内観光(兵庫県篠山市) 3


篠山城址外堀の南側の道を、お堀が途切れてからも更に東へ進みます。

   
   
大きな地図で見る


   篠山250127_4_01
   篠山250127_4_05


途中の橋にて、なにやら近隣住民の怒りの声が書き殴られた看板がありました。
水利関係で揉めていたようです。

   篠山250127_4_02
   篠山250127_4_03
   篠山250127_4_04

それにしても、この書き殴りって、あからさまに器物破損ですよね。。。




河原町交差点

   篠山250127_4_06

この南側にバスの「本篠山」バス停があります。

   篠山250127_4_19
   篠山250127_4_21

かつて篠山口駅から園部駅を結んだJRバス「園篠線」の途中の拠点となったバス停で、JRバスが廃止となった後も、記念碑が残されています。

   篠山250127_4_07

JRバス廃止に直面しての、篠山市の公共交通機関確保への取り組みが同市サイトに残されていました。
JRバス撤退後の路線を神姫バス、日本交通、京都交通が運行

旧国鉄線の篠山駅跡は、この地より更に南だとのこと。
市街地から外れていたために、利用が進まなかったとのでしょうね。

現在のJR宝塚線の篠山口駅終始発の電車が、そのまま乗り入れる形で篠山駅まで来ていたら、それなりの利用はあったのではないかと。(さすがに篠山線終点の福住までは難しいでしょうが)
・・・空想はタダです。



さて、河原町交差点を更に東に進むと「河原町妻入商家群」

旧街道筋沿いに、妻入商家が立ち並んでいます。
(すべての建物が「妻入」というわけではありません。)

古く使われていない民家が、市外からの新たな使い手を得て、新たな商店として再生している、との話を聞いたこともあります。

   篠山250127_4_08


丹波古陶館。
   篠山250127_4_09

鳳凰会館。
   篠山250127_4_10

能楽資料館。
   篠山250127_4_20

右手の建物は本屋さんです。
   篠山250127_4_11

   篠山250127_4_12
   篠山250127_4_13

本経寺。
   篠山250127_4_14

   篠山250127_4_15
   篠山250127_4_16

八上屋城垣醤油店
山椒の醤油漬を買いました。
   篠山250127_4_18

通りが川沿いの道に突き当たる地点で、「河原町妻入商家群」は終点です。
   篠山250127_4_17




実は篠山観光の後に、親戚宅を訪問することとなっていたため、妻入商家群の観光は駆け足になりました。



続きます。
次回でようやく最終回(^_^;
スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 小紀行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる