宮部みゆき「ステップファーザー・ステップ」

4月16日、宮部みゆき著「ステップファーザー・ステップ」を読み終えました。
もう忘れかけていました。。。

   
ステップファザー・ステップ (講談社文庫)ステップファザー・ステップ (講談社文庫)
(1996/07/13)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


冴える宮部ミステリ-。7つの事件が次々と中学生の双子の兄弟が住む家に入り込んだプロの泥棒。まるで父子のような3人が繰り広げる、家庭的なミステリ-。日本版『スイ-トホ-ム殺人事件』と呼べる傑作
(Amazon.co.jpより)



ひょんなことで双子の男子中学生と偽装親子関係を結ぶことになった職業泥棒の男性が主役のクライムストーリーであり、且つほんわかファミリードラマの要素もある良作。

中途半端に時事ネタを取り入れていて、宮沢喜一政権やらポケベルやら。
今となっては時代を感じる小道具以外の何物でも無い。。。


この本、読んだような気もするけれど、未読の本の山に埋もれており、かつ内容をほとんど憶えていなかったので、改めて読んだわけですが。

上に出ているAmazonのデータはカバーデザインがライトノベル風になっております。

長女と、「今読んでいる本」について話をしていて、この「ステップファーザー・ステップ」を取り上げたところ、彼女も同じ本を買って読んでいるとのことでして。
そのとき、彼女が鞄から取り出したのが、このライトノベル風のデザイン。

私が持っているのは「2000年6月1日第14刷」。
デザインはコレ。

ステップファーザーステップ

旧デザインの方が私好みです。


ところで、この小説、ドラマ化されていたようです。
全く知らなかった。。。

なんで原作で中学生の双子が、ドラマでは小学生になるの?
なんで原作に無い刑事の一家がドラマに登場するの?
なんで原作に無い主人公のライバルがドラマに登場するの?
なんで・・・(略)

宮部みゆき作品の連続ドラマって、同じパナソニックドラマシアター枠で放送の「パーフェクトブルー」を見ましたが、「最悪」と思う改変ぶりでしたので、「ステップファーザー・ステップ」の方もあまり見たいとは思えず。。。


ところでこの本、児童向けにリライトされたものもあるようですね。

   
ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)ステップファザー・ステップ 屋根から落ちてきたお父さん (講談社青い鳥文庫)
(2005/10/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる