スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水間寺(大阪府貝塚市) 1

すっかり暑くなりましたね。
今日は和歌山まで行きましたけど、さっさと帰ってきました。


3月3日(日)

貝塚市の水間寺へ行きました。


南海電車で貝塚駅へ。

   貝塚250303_01

ここから水間鉄道線に乗り換えです。

   貝塚250303_02

水間鉄道線、5.5kmの全区間、貝塚市内を走ります。

ちなみに現在の親会社はグルメ杵屋
うどん屋さんの傘下の鉄道です。
ちなみにグルメ杵屋は、千早赤阪村の金剛山ロープウェイの運営も受託していたと記憶しております。

車両は1000型。
東京の東急電鉄の7000系という車両を購入したものを、内外装更新したもののようです。

   貝塚250303_05
   貝塚250303_06
   貝塚250303_07

貝塚駅構内。

   貝塚250303_22
   貝塚250303_03

水間寺参拝の為に建設された鉄道らしく、「水間観音」の案内看板が目立ちます。

駅構内に「枕木オーナー募集中」との貼り紙が。

   貝塚250303_04



電車に乗って、終点・水間観音駅へ。

途中駅にて行き違い。

   貝塚250303_20

1000型電車、前面非貫通タイプの車両もありますが、これは東急から譲渡される際に先頭車両改造されたものでしょうね。


水間観音駅、到着。
車庫併設ですね。

   貝塚250303_08
   貝塚250303_09
   貝塚250303_21

   
この駅構内にて、「枕木オーナー」の実態を確認。

   貝塚250303_10
   貝塚250303_11


駅構内に、旧車両が生態保存されています。

   貝塚250303_12

が、無造作にエアコン室外機が横に置かれているところを見ると、
実際は職員の控室になっているのでしょうか?

   貝塚250303_13



水間観音駅舎は寺院風の作りとなっており、国の登録有形文化財に指定されています。


   貝塚250303_23
   貝塚250303_15
   貝塚250303_14
   貝塚250303_16
   貝塚250303_18
   貝塚250303_17

ともあれ、ここから徒歩にて水間寺へ。

   貝塚250303_19

続きます。


スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 小紀行 鉄道

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/08 09:09)

貝塚市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

水間観音駅舎の寺院風は、かなり衝撃です。

この目で見てみたいですが、北関東の片田舎からはズイブン遠い(^^;

死ぬまでに見てみたい1,000の景色にリストアップしていつか行ってみたいです。

こんばんは。

水間鉄道、普段意識しない会社ですが、
大阪にあったんですねぇ…
三重県からだと、難波から南海に乗り換えて、
という感じですから、がっつり旅行な感じに
なってしまいます。

>実際は職員の控室になっているのでしょうか?

私の地元、桑名のとある会社の敷地に今は亡き
愛知県小牧市の桃花台線(ピーチライナー)の車両が
休憩室として活躍しています。

本来とは違いますが、こういう車両の保存も嬉しく思います。

トカ太様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>水間観音駅舎の寺院風は、かなり衝撃です。

旧JR奈良駅舎も立派ですね。こちらは現在、観光案内所になっています。
解体されましたが、昔のJR長野駅舎も立派な寺社風建築であったと聞きます。

駅舎には名建築と言えるものも多く、時間があればじっくりと見て回りたいものです。


>この目で見てみたいですが、北関東の片田舎からはズイブン遠い(^^;

>死ぬまでに見てみたい1,000の景色にリストアップしていつか行ってみたいです。

私も北関東には行ったことがありません。
前橋市、栃木市あたりには行ってみたいと思うのですが、なかなか行けません。。。

KZ-1様、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>水間鉄道、普段意識しない会社ですが、
大阪にあったんですねぇ…
三重県からだと、難波から南海に乗り換えて、
という感じですから、がっつり旅行な感じに
なってしまいます。

こちらから中部を見たときの、三岐鉄道か近鉄湯の山線あたりの感覚でしょうか。
なかなか乗りに行くのには気合いが入りますね。


>私の地元、桑名のとある会社の敷地に今は亡き
愛知県小牧市の桃花台線(ピーチライナー)の車両が
休憩室として活躍しています。

>本来とは違いますが、こういう車両の保存も嬉しく思います。

それはすごいですね。
廃止された新交通システム車両の再利用は聞いたことが無いです。

鉄道車両の保存と言えば、蒸気機関車か特急車両、あとはかなり古い路面電車ばかり。
できれば普段の足として使われている電車や気動車も何らかの形で保存していただきたいものです。
あ、電気機関車やディーゼル機関車もね。
プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。