「時代劇スペシャル  樅の木は残った」

昨年、時代劇専門チャンネルにてされました、「時代劇スペシャル 樅の木は残った」を視聴しました。



「伊達騒動」を描いた山本周五郎による長編小説が原作です。

過去に何度も映像化され、大河ドラマにもなっているのでご存じの方も多いでしょうね。

   
樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)樅ノ木は残った (上) (新潮文庫)
(2003/02)
山本 周五郎

商品詳細を見る



今回私が視聴したものは、昭和58年の「時代劇スペシャル」枠で放送されたものです。


主演 原田甲斐に仲代達矢、伊達兵部に加藤武、伊達安芸に近藤洋介、と私好みの渋さです。

うら若い仙道敦子(当時中学生)演じる宇乃と甲斐との交流が濃厚な展開において心休まる清涼剤として挿入されていますが、これが本作の悲劇的結末をより引き立てていますね。

伊藤七十郎を演じた、若き役所広司の熱演にも注目ですね。
特に斬首されるあたり。。。


長編小説を実質90分にまとめるのだから、原作のダイジェスト的な展開になるのはやむを得ないが、それなりに丁寧に作り込まれ、緊迫感がひしひしと伝わってくるようです。



ところで。

「樅の木」と言えば、甲斐が冬山で熊と格闘する、というのが原作一番の名シーンだと思います。え、違いますか(笑)


以前視聴した平成2年制作ドラマの里見浩太朗版とは違い、仲代版の甲斐ならば、熊との格闘もできそうです。

残念ながら、尺と予算と安全の都合か、それは本作ではカットされています。

大河ドラマ版では存在したのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる