ついにMicrosoftブランドの携帯が世に出るのですね。

ITmediaニュース H25.9.3
Microsoft、Nokiaの携帯端末事業を買収

 米Microsoftは9月2日(現地時間)、フィンランドNokiaのDevices & Services部門を買収することで合意に達したと発表した。買収は現金で行い、総額は37億9000ユーロ(約50億ドル)。取引は2014年1~3月期に完了の見込みだ。

 Microsoftはまた、Nokiaが保有するHEREブランドの地図サービスを含む各種ライセンスに16億5000ユーロを支払う。総額は54億4000万ユーロ(約72億ドル)に上る。

 NokiaのDevices & Services部門は、Windows PhoneやSeries 30/40搭載の携帯電話などのモバイル端末を担当する部門。Nokiaは同部門を売却し、ネットワークインフラサービスのNokia Solutions and Networks(NSN)、地図サービスのHERE、先進技術開発とライセンス部門のAdvanced Technologiesの3部門にフォーカスしていく。


 両社が2011年2月にモバイル分野における戦略的提携を結んで以来、NokiaはMicrosoftのWindows Phone搭載のスマートフォン「Lumia」シリーズを販売してきた。

 Microsoftが買収後、Series 30/40を搭載する低価格端末シリーズをどうするかは、まだ不明だ。

 この買収にともない、Nokiaのスティーブン・エロップCEOは古巣のMicrosoftに戻り、「Devices」チームのトップに就任する。この部門は7月に再編した新組織の「Devices and Studios Engineering Group」の上位組織という位置付けで、Devices and Studiosの現トップであるジュリー・ラーソン─グリーン氏は引き続きスマートフォン以外の端末(Xbox OneやSurfaceなど)を担当する。

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは発表文で「これは両社の従業員、株主、顧客にとってウィン-ウィンな取引であり、未来への力強い一歩だ」と語った。

 バルマー氏はかねて「デバイス&サービス」企業へのシフトを主張している。この買収で、Microsoftはタブレット(Surfaceシリーズ)に加え、自社ブランドのスマートフォンを手に入れる。



タブレットに続いて、スマートフォンにもMicrosoftブランドが登場するようです。

Microsoftの資金力で、WindowsPhone端末の販促が全世界的に進められていくのでしょうか。

ある程度は効果があるかも知れません。

しかしMicrosoftブランドだから成功するとは限らない。

Zuneとか、Surfaceとか、日本においてはXBOXとかも。。。

Windows8も期待通りの普及、というわけにはいかず。

MicrosoftのApple化計画は、現時点ではあまり成功とは言えないように思えます。



Microsoftが日本でWindowsPhone8端末を販売するのなら。

地図アプリはきっちりと改善して欲しいですね。
http://blog.esuteru.com/archives/6766697.html

これに関しては、ある意味、Appleのマップ以上の破壊力です(笑)

ノキアって地図に関しては定評あると聞いていたんですけどね。


そうこうしているうちに、WindowsPhone8の後継が世に出てもおかしくない時期が来てしまうのでは、と思ってしまったり。
スポンサーサイト

テーマ : Windows Phone 7 Series
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる