スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法月綸太郞「しらみつぶしの時計」

9月27日(金)

法月綸太郞著「しらみつぶしの時計」を読み終えました。


しらみつぶしの時計 (祥伝社文庫)しらみつぶしの時計 (祥伝社文庫)
(2013/02/08)
法月 綸太郎

商品詳細を見る


パズル、クライム、センチメンタル――
磨きぬかれた宝石のような
謎、謎、謎!

冷えきった夫婦関係の憂さ晴らしでバッティング・センターへ出かけた省平に、男が声をかけてきた。交換殺人を提案された夫の陥ちた罠とは?(「ダブル・プレイ」)――すべて異なる時を刻む1440個の時計の中から唯一正確な時計を探す表題作のほか、都筑道夫への敬愛に満ちたパスティーシュ、『二の悲劇』の原型となった初期作品など、著者の魅力満載のコレクション!
(Amazon.co.jpより)



リドルストーリーな「使用中」の馬鹿馬鹿しさに大笑いしてしまいました。
下ネタが妙に心地よい。。。

表題作となっている「しらみつぶしの時計」。
根からの文系男の自分ですが、途中で読むのが苦痛になってしまいました。。。

本書には推理作家兼素人探偵の「法月綸太郞」が登場しないなと思っていたら、最後の「トゥ・オブ・アス」と言う作品で「法月林太郞」が登場。
学生時代の習作だそうです。。。


法月氏らしい正統派のミステリもあれば、変態っぽい作品も有り。
なかなか楽しめる一冊です。




ところで、今年2月に文庫が700円で発売されましたが、私が読んだのは5年前に発売されたハードカバーの単行本で1785円もしました。。。

本好きが良く陥る「積ん読地獄」ですね。。。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。