スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまり言いたくないけれど、過剰報道はもう終わりですよね。

毎日.jp H26.2.9
都知事選:舛添氏が初当選 脱原発・細川氏ら破る

 猪瀬直樹氏(67)の辞職に伴う東京都知事選は9日に投開票され、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が、元首相の細川護熙(もりひろ)氏(76)▽前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(67)▽元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)らを破り、初当選した。舛添氏は公選制が始まってから8人目の都知事に就任する。閣僚経験者は運輸相などを務めた石原慎太郎氏(81)に次ぎ2人目。2020年開催が決まっている東京五輪の開催準備のかじ取り役になる。
(以下リンク先記事参照)



東京都知事選挙は、あくまでも一地方自治体の首長選挙。
それをさも国政選挙であるかのように、日本全体のニュースとしようとしたマスコミには疑問を感じます。

連日終日、都知事都知事・・・過剰報道でしょ、これ。



でその都知事選ですが。
マスコミが大好きな「民意」からすれば、そもそも原発については「争点」にあらず。

それでも、毎日新聞のこの記事では、それがあたかも最大の争点であったかのように掲げていますね。
馬鹿馬鹿しい。
世論誘導できなくて、残念でしたね。


マスコミにはもっと言いたいことも一杯あるけれど、このブログではあまり政治ネタは扱わないようにしているので、ぐっとこらえておきます。




それでも敢えてこの選挙について付け加えるなら。

人間性が信用できない当選候補、今更何をやっているのだと思ってしまう元首相、何もかも信用できない日弁連、迂闊すぎて政治家に向くとは思えない防衛関係者・・・

あくまでもよその選挙ですが、うちの知事選だったら罰ゲームだなあ、と思ったりして。



それにしても選挙期間中、Twitterでの各方面のネガキャンがひどかった。
とくに元首相・日弁連支持層から当選候補へのね・・・
(あくまでも私が見た限りですが・・・)

下品なコラネタとか、表情が気に入らないとか言う言いがかりまで・・・

「公平公正な報道」を売り物にするマスコミ関係者や現役議員が下品なネガキャンしているのを見ると、日本の将来がますます不安になります。
(週刊朝日の元編集長。ご自身のツイート自体はそれほどでも無いけれど、最低なレベルのつぶやきをせっせとリツイートしている様は如何なものかと。)
スポンサーサイト

テーマ : テレビ・マスコミ・報道の問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。