「ULTRAMAN」4

閉塞感に包まれると、ついつい軽い読み物に走ってしまいます。


と言うわけで、清水栄一・下口智裕著「ULTRAMAN」4巻を読みました。


ULTRAMAN(4) (ヒーローズコミックス)ULTRAMAN(4) (ヒーローズコミックス)
(2014/03/05)
清水栄一、下口智裕 他

商品詳細を見る


累計100万部突破! ウルトラマンスーツ・バージョン“7(セブン)"、登場!!

初代ウルトラマンであったハヤタ・シンの息子、早田進次郎、高校2年生。
彼は、父の身体に残っていた「ウルトラマン因子」が遺伝し、生まれながらに超人的な能力を持っていた。
地球に迫っている危機を知り、科特隊に要請され、ウルトラマンスーツを着て“等身大"の姿のまま戦うことになった進次郎。
しかし、まだ17歳の普通の高校生である進次郎は、異星人といえど、命を奪うことに痛みを感じ、戦うことへの苦悩が生まれる…。
そして、自分と同じく、ウルトラマンスーツを着て現れた諸星の姿躊躇なく異星人を抹殺していくその様に、進次郎は圧倒される。
進次郎のゆらぐ気持ちを知ったエドは、彼の“ウルトラマン因子"を開花させるべく、ある秘策を立てるが…

新旧ウルトラファン必読! あのキャラも巨大化! ?待望の第4巻発売! !
(Amazon.co.jpより)



TVシリーズ「ウルトラマン」単体の後日譚としての世界観。
いわゆる特撮ドラマ連作の「ウルトラ」シリーズの世界観とは異なります。

まあ、「ウルトラ」も後付け設定ばかりで、幼い頃からいろいろと疑問を感じる点があります。
「ウルトラ兄弟」なんか、「ウルトラマンA」からの設定だしね。


それはさておき。


異星人がアンダーグラウンドで跋扈する社会で、ハヤタの息子・進次郎が「ウルトラマン」として覚醒・成長していく第4巻。
「セブン」も登場し、物語は一層ハードに、過酷に展開していくのですが。。。


オリジナルの「ウルトラマン」はウルトラマンと怪獣が対峙する、明朗活劇が基本でした。
異星人たちの密かな侵略を描く本作は、「ウルトラマン」ではなく、むしろ「ウルトラセブン」なのではないか?

そんな疑問を抱いてしまいますが。
まあ、「セブン」も登場してはいるので、問題は無いのでしょうか。


最近のこの手のコミックは、すぐにエログロに走ってしまいがちですが、やはり「ウルトラ」のビッグネームを背負っていることもあってか、グロは多少あっても、エロはありませんね。
そのあたりはちょこっと安心。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる