スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィデル・カストロ氏死去。

フィデル・カストロ前国家評議会議長が25日になくなりましたね。

H28.11.26 The Huffington Post日本版
フィデル・カストロ――波乱に満ち、光と影が交差したキューバ革命指導者の生涯

論争好きの革命指導者で、キューバ共和国の首相、大統領を務めたフィデル・カストロ前国家評議会議長が90歳で死亡したと、キューバ国営テレビが発表した。

世界で最も長く君臨した政治指導者の1人であるカストロは、1950年代にキューバ革命の中心的役割を果たした後、49年間にわたりキューバを統治した。彼はその生涯で、キューバを西半球で最初の共産主義国に変え、冷戦中にアメリカ合衆国のそばで国家元首となり、対立を生む人物という印象を与えた。

カストロは支持者たちから、アメリカその他世界中の政治的大国に立ち向かい社会主義者の理想のために戦った英雄としてもてはやされたが、批評家たちからは、国民に対して数え切れぬほどの人権侵害を犯し、キューバ経済を崩壊させ、100万人以上のキューバ人を難民にした無慈悲の独裁者として見られた。
(以降、リンク先記事参照)



カストロと言えば、社会主義革命、反米、キューバ危機、というキーワードが、
冷戦時代に義務教育で歴史を学んだ世代には思い浮かぶでしょう。

冷戦時代のキューバの主役。

その大きな存在がこの世を去った。

また少し冷戦時代が遠のいたという印象を受けました。

カストロ氏が一線を退き、キューバはアメリカ合衆国との友好関係を築きつつありましたが、
カストロ氏はそれにあまりいい意見を示していなかったと聞きます。

そして、今度はトランプ次期米国大統領がカストロ氏批判を行い、キューバ国民から
反感を買っているとの話も。

NHK NEWS WEB H28.11.27
カストロ氏死去 オバマ大統領とトランプ氏 対照的な反応

世界情勢がめまぐるしく変動していることを実感します・・・
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。