南京都の町村バスのあり方は・・・

H29.1.26  YOMIURI ONLINE
和束町・笠置町・南山城村 バス路線で結べ 

過疎化と少子高齢化が進む府南部の和束、笠置両町と南山城村で、府が公共交通網の見直しに乗り出した。隣接する3町村を結ぶバス路線実現を目指し、9人乗り乗用車でのテスト運行を18日からスタート。今月末までの利用状況を検証し、3月末までに再編計画をまとめる。(上野将平)

 ルートはJR関西線・加茂(木津川市加茂町)―月ヶ瀬口(南山城村)の両駅間。主に国道163号沿いの停留所15か所を通り、1日3往復する。運賃は無料で、乗客にアンケートを行って需要や適正な運賃を探る。インターネット上で車両の現在地を確認できるシステムも実験中で、山間部の利用者の利便性につながるかどうかも検証する。

 25日も試験車両を使う乗客の姿があった。和束町木屋の主婦(79)は自宅近くの停留所で乗車し、JR加茂駅へ。スーパーで食料品を購入し、帰りも利用した。自宅の近くにはバス路線が通っておらず、普段は夫(82)が車で買い出しに来ている。「夫も高齢で運転に不安がある。私が買い物に出られるようになれば、夫の負担も減る」と実現を期待する。

 府交通政策課によると、笠置町と南山城村はそれぞれ各町村内で直営バスを走らせており、和束町内でも民間会社が町の補助金でバスを運行。しかし、買い物などで住民の行き来が多い3町村を結ぶバスはない。各町村の路線は過疎化で乗客数の減少が続き、自治体の財政難もあって維持が難しくなっている。

 こうした実情を受けて府は昨年4月、国の地域公共交通活性化再生法に基づいて5年計画(2017~21年度)の作成に着手。都市計画の有識者や地元住民らと議論し、高齢者の交通手段を確保するため、路線新設を検討することになった。

 府は、停留所の拡充やJR関西線の駅周辺整備も計画に盛り込む。府交通政策課の小谷義明・担当課長は「高齢化が進んで自家用車での移動が難しい住民が増えるので、公共交通の重要性が増してくる。将来を見据えて抜本的な再編につなげたい」と話している。



JR線の新駅やら増発も出来ればいいのでしょうが、それは困難でしょうね。
一時は加茂・伊賀上野間は30分毎の運転だったのに、それが維持できなかったのが全てなんだろう。

とは言え、いつでも気楽に利用できる程のバス運行本数が確保できるわけで無し。
目新しさが落ち着いたら、利用は低空飛行になるかもしれない。

結局、このあたりはクルマ社会なので、公共交通機関利用には、なかなか向かないのでは無いかと。
身体がキツくなったら、都市部に引越し・・・かな。

私が大好きな南京都のこの町村には、もっと頑張って欲しいところではありますが、
過疎化・高齢化に立ち向かうのは難しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる