スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸新幹線大阪ルート決定。

日本経済新聞電子版 H29.3.14
京都-新大阪は「南回り」 北陸新幹線、与党検討委が決定

 北陸新幹線の敦賀以西ルートを話し合う与党の検討委員会は13日、京都―新大阪間について京都府京田辺市に新駅を設ける南回り案にする方針を決めた。運営主体の西日本旅客鉄道(JR西日本)と沿線自治体が同意したためだ。上部組織の整備新幹線建設推進プロジェクトチームが15日に決定する。敦賀以西のルートがすべて決まり、今後は財源や費用負担が課題になる。

 委員会ではJR西日本や京都、大阪府と北陸3県の代表者から南回りについて意見を聞き、異論はなかったという。京都府は経済効果で南回りがすぐれていると主張した。

 終了後、JR西日本の来島達夫社長は「速達性、利便性の両方を見たとき、北ルート、南ルートとも評価はほぼ同等だ。決まったルートの中でせいいっぱい運行すると申し上げた」と述べた。

 京田辺市の松井山手駅(JR片町線)付近の新駅については「京都府南部と京都駅や北陸エリアとの新たな融合ができる。総体として加味すれば便益的にはまかなえるルートになる」と強調した。

 京都府の山田啓二知事は記者団に対し「京都南部はこれから将来に向かって発展する地域。学研都市を生かせる北陸新幹線にしてほしい」と語った。片町線は単線区間があり、複線化を含めアクセスの改良を配慮するように求めた。

 費用負担については「京都にメリットがある範囲で負担するのが筋だ」として、地域への便益への範囲内で負担する考えを改めて主張するにとどめた。

 北陸3県は早期の全線開業を要望。福井県は「関西の費用負担解決が南回りルートの前提」とした。



ようやく北陸新幹線の大阪・京都間のルートが決定。

とはいうものの、敦賀〜大阪間は机上の基本的なルートに過ぎず、これから詳細のルート検討に入ることになる。
大都市やら山間部やらで、環境評価やら用地取得やらで一波乱あるのでは無いか。
開業までに私が生きているのかどうか・・・

で、新幹線・松井山手駅が開業したとして、全ての列車が停車するとは思えず。
そこでまた、京都府がごねるのでは無いか?
「全ての列車を松井山手駅に止めろ」と。

関連しての学研都市線単線区間の複線化については、正直、近鉄京都線が併走している区間なので
整備効果が微妙なところでは・・・

どうせなら学研都市線・京田辺駅〜奈良線長池駅間の「片奈連絡線」も、この際、整備を検討しては如何だろうか。
これにより、北新地から松井山手・宇治経由で京都に向かうルートが完成する。

JR京都線・阪神京都線・京阪本線に次ぐ、京阪間の第4のルートの完成ですね。
東海道新幹線と北陸新幹線を加えるとルートは6つ。

おまけに、京都府・市は未だにリニアも京都経由を求めているが・・・



それにしても、北陸新幹線が開業する時点での日本はどうなっているのだろう。
ちょっと、というか、かなり心配ではあります。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道関連のニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。