JR粉河駅(和歌山県紀の川市)

今日は、うちのカミさんの誕生日。

明日は次女の誕生日。

   ケーキ240515

ケーキが続きます。。。

それにしても、結婚当初は、カミさんは20代前半。
私は20代後半でした。

早いものです。。。と自分の腰回りを見つめてみます。
嗚呼、無情。




3月18日(日)

(H24.5.9 畝傍駅(奈良県橿原市)
(H24.5.12 JR粉河駅に向かう車中で。

続きです。

そんなこんなで、雨天でしたが、紀の川市の粉河寺へ行きました。

JR粉河駅に到着。

   粉河駅240318_01
   粉河駅240318_02
   粉河駅240318_03
   粉河駅240318_10
   粉河駅240318_11

駅は島式ホーム1面2線と、駅本屋側の片面ホーム1面1線。
国鉄タイプとしては標準的な造りですね。

写真ではわかりづらいですが、和歌山線の五条・和歌山間は、紀勢本線の和歌山市・和歌山間とともに、国鉄末期に電化された区間ですが、直接吊架式という、シンプルな集電方式をとっております。

簡単に言えば、路面電車と同じと言うことです。

まあ、あまり速度を出さず、本数も多くはないのならば、これでいいということですね。

そもそも、そこまでコストダウンして電化する意味があったのか?
とも思いますが、おそらくは、周囲でこの区間のみ非電化であったので、保守・運営の効率化を図るために電化したのではないか、と推測します。

まあ、それでいくのなら、関西本線に残された非電化区間加茂・亀山間も電化してほしいところですが。
JR東海側は非電化区間多いけれど、特に連携もしていないようだし。。。

これからはハイブリッドだとか、燃料電池とか言っているので、ローカル区間の新たな電化は時節柄見送られるとは思いますが。

   粉河駅240318_05
   粉河駅240318_06
   粉河駅240318_09
   粉河駅240318_07
   粉河駅240318_08


駅を出て、北へ。

粉河寺へと向かいます。

   
大きな地図で見る

   粉河駅240318_12
   粉河駅240318_13

途中、「中学校移転反対」の「のぼり」が目につきました。
いろいろともめているようです。

   粉河駅240318_14

平日の方が賑やかなのか?、名刹の門前としては、ずいぶんとひっそりとした商店街が続きます。

   粉河駅240318_15


昼食を、「まる乕本店」さんにていただきました。

   粉河駅240318_16
   粉河駅240318_17

メニューにあった「天然鮎寿司」とやらも気になりましたが、「和定食」を選択。
1575円でした。

   粉河駅240318_18

煮魚がおいしかったですよ。

ただ、業務用冷蔵庫が客席側にあり、そこからタッパを取り出して、奥の厨房で調理して持ってくるというのは、見ていて「どうなんだろなあ」と複雑。

改めて調べてみると、やはりこのお店は鮎寿司や、海鮮ちらし寿司がおすすめの模様。
鮎寿司、食べたくなりました。。。



腹がふくれたところで、改めて粉河寺へと向かいます。

   粉河駅240318_19

雨はやみません。。。


ということで、続きます。
スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 小紀行 鉄道

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【JR粉河駅(和歌山県紀の川市)】

今日は、うちのカミさんの誕生日。明日は次女の誕生日。   ケーキが続きます。。。それにしても、結婚当初は、カミさんは20代前半。私は20代後半でした。早いものです。。。と自分の腰回りを見つめてみます。嗚呼、無情。3月18日(日)(H24.5.9 畝傍駅(奈良県橿原市...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる