宮部みゆき「英雄の書」

iPhone4Sの保護シートが傷んできたので張り替えました。

新品のようにスッキリ。

   iPhone240528

とは言えど、購入してからまだ半年なんだな。

もうずいぶん使い込んだと言う気分だけれど。




宮部みゆき著「英雄の書」を読み終えました。


英雄の書 (カッパ・ノベルス)英雄の書 (カッパ・ノベルス)
(2011/05/19)
宮部みゆき

商品詳細を見る


森崎友理子は小学五年生。ある日、中学二年生の兄・大樹がクラスメートを殺傷し、姿を消すという衝撃的な事件が起きた。 事件から十日ほど経った時、友理子は兄の部屋で不思議な声を聞く。「君のお兄さんは“英雄”に魅入られてしまったのだ」。本棚の奥の見慣れぬ書物が、友理子にささやいているのだった。書物に導かれ、兄を救い出す旅へ出る友理子。すべての物語が生まれ、回帰してゆく〈無名の地〉と呼ばれる場所で、友理子は、世界の根源というべき、おそるべき光景を目にする――。
(Amazon.co.jpより)



「物語」とは何か?
メタフィクションを宣言して展開する物語。
最後の展開は納得できるものの、もう少しじっくりと描いてほしかった気もします。

単行本時代は上下巻に分かれていただけあり、かなりのボリュームです。
主人公には感情移入できず、魅力を感じる登場人物は中盤以降にしか現れず、物語もそれ以降加速していく感あり、逆に言えば、序盤展開にはもたつきを感じました。



メタフィクションと言えば、昔見たアニメの「勇者特急マイトガイン」の最終回を思い出します。
あれは鮮烈だったなあ。
ドラマ「新スタートレック」でも、そのような構図のエピソードがあったような。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 読書

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【宮部みゆき「英雄の書」】

iPhone4Sの保護シートが傷んできたので張り替えました。新品のようにスッキリ。   とは言えど、購入してからまだ半年なんだな。もうずいぶん使い込んだと言う気分だけれど。宮部みゆき著「英雄の書」を読み終えました。英雄の書 (カッパ・ノベルス)(2011/05/19)宮部み?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる