粉河寺(和歌山県紀の川市)その弐

3月18日(日)

(H24.5.9 畝傍駅(奈良県橿原市)
(H24.5.12 JR粉河駅に向かう車中で。
(H24.5.15 JR粉河駅(和歌山県紀の川市)
(H24.5.22 粉河寺(和歌山県紀の川市)その壱

以上の続きです。




粉河寺 公式サイト

「丈六堂」。
   粉河寺240318_24


境内塔頭の「十禅律院」。
   粉河寺240318_25
   粉河寺240318_26
   粉河寺240318_27
   粉河寺240318_28
   粉河寺240318_29
   粉河寺240318_30

   
「産土神社」。
この日は、ひな人形が飾られていました。
立派です。
   粉河寺240318_31
   粉河寺240318_32
   粉河寺240318_33


「本堂」。
西国三十三カ所中最大で、江戸中期の建築だとか。
   粉河寺240318_34
   粉河寺240318_35
   粉河寺240318_36
   粉河寺240318_37
   粉河寺240318_38

   粉河寺240318_39
   粉河寺240318_42


「粉河寺庭園」。
はじめ、どこに庭園があるのかと探したのですが。。。
本堂前の階段部分の土留めの巨石と植栽がそうだったとは。
しかし、珍しい庭園ですね。
   粉河寺240318_40
   粉河寺240318_41
(公式サイトの説明)
「本堂の前庭とその下の広場との高低差を処理する土留めとして、又、その広場から雄大な本堂を仰ぎ見る前景として築かれた石組みで、日本庭園の中でも先例のない様式である。」


と言うわけで、雨中の粉河寺拝観を終え、JR粉河駅へと戻ります。
   粉河寺240318_43

で、商店街にある食料品店さんの前で。
   粉河寺240318_44

「たこせん」の看板が自己主張しすぎ。通行の邪魔です。
   粉河寺240318_45

粉河駅着。
帰ります。
   粉河寺240318_46




以上で、畝傍駅へのハプニング訪問から始まる、粉河寺拝観記録は終了です。
だらだらと書き綴ってしまいました。。。



で、この記事が、ブログのエントリナンバー「999」だったりします。
(消去したり、非公開の記事があるので、実際には999もありませんけどね。)
スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : 各駅探訪 小紀行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【粉河寺(和歌山県紀の川市)その弐】

3月18日(日)(H24.5.9 畝傍駅(奈良県橿原市))(H24.5.12 JR粉河駅に向かう車中で。)(H24.5.15 JR粉河駅(和歌山県紀の川市))(H24.5.22 粉河寺(和歌山県紀の川市)その壱)以上の続きです。粉河寺 公式サイト「丈六堂」。   境内塔頭の「十禅律院」。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

愚夫愚父(@gf2chan)

Author:愚夫愚父(@gf2chan)
大阪府在住40代オジサンです。
日々いろいろありますが、
ブログくらいはまったりと。

※※※※※※※※※※※※※※※※
諸般の事情により、
新規記事のコメント欄は
閉鎖させていただいております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Twitter
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる